『シ』のない家の住人たち。

 う~ん…少し考えてしまったことがあったので、ここで書いてみようかと…(苦笑)つい先日、書店で『死の壁』なる本の、前書き分ぐらいをぱらぱら立ち読みしたんですわ。(ベストセラーの平積み棚にある本なので、ご存知の方多いかな?(^^))全部読んだのではなく、一部ぱら読みというのがいけないんだと思うんですけど、ちとばかり『極論だなぁ』と思うところがありつつも、どこか冷めた目で読んでいたんですよ(いや、立ち読みで冷めてるも何も…(苦笑))で、そのとき。

 ふと、先日自分が越したばかりのマンションと、母上の言葉を思い出しました。

 物干し竿を抱えて、エレベータに乗り込もうとしたときのこと。案の定、まともに入る長さじゃない!仕方がないので斜めにしてみたり、いろいろ方向を変えて悪戦苦闘してみたのですが、これがどうやっても入らない!竿なんてたいした重さじゃないし、かさばってるだけだもん!と開き直って、抱えて階段をえっちらおっちら。(それほど高層階に住んでいるわけではないので、階段使ってもさほど苦にはならないのデス)
『こんな調子じゃ、棚は長すぎて横にしたまま乗せられないね~』とぼやいていると、母上が一言。

人間が横になったぐらいの長さのものなら大丈夫でしょ。エレベータの壁面のどこかは開くようになってるはずだから

『…?』

何を根拠にそんな、壁面に穴だなんて。でも、母上の発言が気になって、わざわざエレベータの中を確認しに行っちゃいましたよ。
 しかしです。四方の壁面を隅々までみたところで、そんな穴が開くような扉らしきものは見当たらない。意地悪してものすごい隠し扉になってるのか?!などなど勘ぐってみた所で、やはりそんなものはみつからないのでした…それを報告したところ、

ここのマンションは人は絶対死なないとでも思ってるのかね?

 そこで、はじめて『なるほど!』と思いました。そうなんです。自宅で人が亡くなった場合、死体だけを生のままで運び出す…なんてことはしないんですよ。きっちり棺桶に収めた状態で運ぶはずなんです。だとすると、このマンションの高層階部分(いえ、そんなに背が高いマンションではないんですケドね(笑))の方々は、エレベータで棺桶を運び出すことが出来ないんです。いや、たてて入れればもちろん可能なんですけど、その場合、中身がどのような状態になってしまうかは…想像つきますよね?

そして、階段で降ろすという手段を考えたとき、恐ろしいことに気付きました。

ここの階段、狭い上にぐるぐるまわってるから、途中の踊り場ですら棺桶なんて置けない!

階段の作りが外階段式、所謂非常階段なんですよ!こんなところ十数階分も棺桶運び降ろすだなんてことをするぐらいなら、エレベータの方がまだましですわ。

 でも…母上の一言があるまでは、気にしていなかったんですよね。確かに『死』を想定した住居選びというのは、ほとんどの方がしないんでしょうが、感覚的に自分が『死』から、まだ離れた場所にいるのかなぁ?って思っちゃいました。その点、どうしたって母上の方が、確実に『死』に近い場所にいる。

 『死の壁』の一節には、まさにこういう団地のことが書かれていたんですよ。
誰も死なない団地…死が想定されていない団地。買い手が若い世代であり、そんなに年をとるまではここにいないだろうから…というのが理由らしいんですが、今の時代、病死、事故死、過労死なんて、どの世代にもある話なんですよね。それがすっぱり切り捨てられている…(うちのマンションも同様…(´ヘ`;))
 そして、『死の壁』でとりあげられているその団地の屋上は、自殺の名所になっているという現象。皮肉なもんですよね。『死』から遠い世代の人間しかいないだろうと想定された場所で、死者が続出。それをみて施工主はこう言うんでしょうか…

運び降ろす必要なんかないでしょ?だって勝手に飛び降りてくれるんですから

今日はちょっとブラックにしめてみました(^^;) どっぺん。。。

人気blogランキング
参加中デス。『今日のネタはブラックやったなぁ~』とか『これはこれでおもしろいよ』という方は、おひとつぽちっとよろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
# by r_elemental | 2004-06-03 20:13 | 折り詰め作成中(日常雑記)

さらば、フレックス!(でも映画ネタ(^◇^;))

 本日(あら?日付が変わってしまいましたわ(汗))急遽出向につき、珍しく自宅から更新かけてたりします。(っていうか普段会社でこそこそこれを書いてるという方がヤバイかもしれないですね(苦笑))

 会社の都合により、急遽フレックス制が廃止になるということで、9時出社~でも帰宅時間は不明…な生活に移行しなけりゃならない運びとなったのですが(これに関してはいろいろありまして、それだけでもネタになりそうなので、出来たら後日ふれてみようかと思っとります)最後のフレックスを満喫しちゃえ!ということで、今日は出向先から本社に戻らず、水曜日のレディースディを利用して映画をみにいってきました♪突然のおもいつきだったので、ちょっと寂しいですケド一人で、デス(笑)そしてみたものは

 『TROY

…おもいっきり苦手だと豪語していた恋愛系です。でもですね!ちょびっとだけ言い訳!この映画、CMでは前面に恋愛を押し出してますケド、戦のシーンとかその他もろもろ結構見所あるんですよ~CMの船団のシーンだとか、砂浜での戦のシーンが結構迫力ありそうだったんで、こりゃ一見の価値ありかな?などなど思いつつみにいってきたのですが。この先ちょびっとネタばれしそうなので『トロイこれからみにいくのよぉ~言わないでぇ!』という方は、ここでストップしちゃってください。(^_^;)


 ここまでいらした方、大丈夫ですね?ちょびっとでもネタばれの可能性ありという覚悟でお付き合いくださいませね。

 まず初見。『ブラピってあんまり時代モノの格好が似合わないかも(笑)』でした。でも、この映画のために、身体鍛えてきたというだけのことはあって、それなりにそれらしい『アキレス』ぶりでしたね。どこか傲慢なところもあるんですが、従弟に対する愛情であるとか、部下に対する指揮官としての情だとか、戦モノで描かれる人情部分のおいしいところを全部持っていってくれちゃいました~という役といえるのかもしれないな、って思いました。かといって、けっして嫌味っぽくも、おしつけがましいということもなかったので、適度にいい感じの主人公ぶりかな(^_^;)?自分は特にブラピのファンというわけでもなんでもないんですが、あまり似合わないなりにもやっぱり格好よかったです。ただ個人的には、折角お相手が巫女という立場だったので、も少し禁欲的な愛情表現がよかったかなぁ~と…(なんというか、こう…『抱けない愛もあるんだよ』的な、ね(笑))

 そしてエリック・バナ!このお方がいなかったら、トロイの魅力1/3~2/3ダウンでしょう!主人公を主人公たらしめているというか、良きライバルがあってはじめて引き立つ主人公、という部分が中盤~後半にかけてのクライマックスに来るので、間違いなく彼はキーマンといえるでしょう(*^.^*)いい息子で、いい王子で、いい旦那さんで、いいパパで、いい兄貴で、良きライバルであるヘクトル。アキレスが彼一人に集中して怒りと憎しみをぶつけた結果、更なる空しさと涙を呼ぶ羽目になったシーンには、結構じ~んときちゃいました。(といっても自分、相当涙腺丈夫なのか、泣けたためしがないんですケドね)結局見終わってみると、じーんと来たシーンが2つあって、両方ともヘクトルがらみなんですわ(^_^;)といってもヘクトル自身の台詞とかじゃなくて、父王が彼を思い、死をも恐れずとった行動であったり(アキレスの手の甲にキスをして切々と語るシーンです(^_^;)ネタばらしまくりなので自主規制)、アキレスが彼を思って慟哭するシーンであったり。(※書き方怪しげですが、妙な誤解はしないでくださいネ(苦笑))もう少し、報われてもいい人物だったのに…というのを痛切に感じましたわ。

そして最後。トロイの三大イケメンの一人といわれたオーリですが…な、情けない(^_^;)でも、憎めない、けど君が一番悪い!(というか後先考えなさすぎ?)まさしく『兄ちゃんの背中にかくれて、がたがたぶるぶる』みたいな(笑)ただ、流石というかなんというか、ロードオブザリングのエルフ役なんぞをそつなくこなしただけのことはあって、こういう現代からかけ離れた格好に関しては、なかなかサマになっているんですよね~。ちなみに、最後は彼が一番ちゃっかりしてましたね。幸せか否かは別として、ですケドね。それから、君はやっぱり剣じゃなくて弓の人なのね~みたいな(爆笑)これ、LOTRみてから、トロイをみた人はみんな思ったんじゃないでしょうか?!剣のときはヨワヨワだったのに、弓持たせたら、いきいきしてるんですもん(^◇^;)はじめから武器はきちんと選びましょうね~パリス王子vv

これだけ個々の役者さん&役のことばかり書いちゃいましたが、みどころはやっぱり

アキレス VS ヘクトル

少しでも興味のある方は、是非映画館でみてください!このシーンは圧巻デス。(というか、大画面でみないと魅力半減するかもしれません)まさに固唾を飲んで~という状態で、周囲の客のポップコーンを漁る手が完全にストップしたぐらいでした(笑)

【結論】それなりに史実に忠実でした。(有名なエピソードなどに関しては、ノルマクリアというところでしょうか。ま。それなりに~ということで♪)そして、ホントにブラピとオーリの共演はなかったんだなぁ…と(爆)彼ら二人が遭遇するところはあるのに、同じフレーム内には映ってなかった!?(ように記憶しているのですが…)ありゃ別撮りだなぁ…みたいな(苦笑)ということで、今宵はこの辺で(*^.^*)

どっとはらい。

人気blogランキング
参加中デス。もし『うん。そう思ったかも~』とか『トロイ見に行こうかどうしようか決める参考になったよ♪』という方は、おひとつぽちっとよろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
# by r_elemental | 2004-06-03 01:10 | 折り詰め作成中(日常雑記)

とどめの一撃!!

 カテゴリーを追加してみよう!と思い立ち、立ち上げたコーナー『イレギュラーな具材たち』。こちらでは、現在過去を問わず、日常よりちょっとだけ変わったことや、おもしろかったこと、怖かったことなどを取り上げていこうと思っております(*^^*)

 あれはまだ自分が高校生だったころのこと…

入学1ヶ月ちょっと経過後の中間試験を前に、まんまと法定伝染病にかかり(※聞こえはものすごい重病そうですが、所謂おたふくです…クラス中の笑いものにされました…まぁ、そのおかげで友達急増したんですケドね(苦笑))本人的には、かなりへこんでいた頃のこと。

『はじめてのお茶』の授業をそのせいで休み、2回目の授業でいきなりお茶を点てる当番に当たってしまい(出席番号1番だった自分に逃れる術はなかったのデス)やり方なんざ~誰にもおそわってないのに、一体どうしたらいいのさ?!状態で、だだっぴろい茶道室の中央、お茶器がちんまりと用意されているところへ正座させられて、途方にくれていると、着物をきっちり着込んだ若い先生がつかつかと近づいてきて一言。

『貴方、この間の授業をきちんと聞いてらした?』

いや…聞いてらしたもなにも…当方おたふくでダウンしてたんですって(^^;)その手の中にある出席簿にはきっちり欠席マークがついているはずなんですが…

とは当時まだ子供だった自分には、到底言えるものではなかったので、
『あの…この間休んでまして…』

と、ぼそりと言ったのがいけなかった!!化粧数センチの厚みがよ~くわかりそうな距離にまで顔を近づけてきて、

『言い訳はよろしいから、早くなさい!お客様(この場合お茶を飲むクラスメイト)をお待たせしているのがわからなくて!?』

とまあ、こめかみに#マーク浮かべて美人台無しな表情で怒りなさるもんですから、迫力に押されてひくひくしていると、年配の先生が菩薩サマのような穏やかな表情で、

『まあ、はじめてですからね。手順をお教えしますから、覚えてくださいね。』

そうそう!はじめてなんですからこうでなきゃ♪と、この場はなんとか収めて自分の席に戻り、いざお茶を飲む段になって…

『今日のお茶菓子は○○屋さんのおまんじゅうです。器を回しますので、懐紙にとって召し上がってください』

で、回ってきたのが巨大な容器にそびえ立つまんじゅうの山!
(なんせ40人分のまんじゅうですから、そりゃもう圧巻デス)

そして自分は出席番号1番…容器重いんですよ!丸々40人分のまんじゅうのっかってるんですから!(^◇^;)それを軽々と持ち上げ、楚々と歩く若い先生って一体…

それはさておき、40人分のまんじゅうですよ。山ですよ、山!とりあえず長い箸で、てっぺんのまんじゅうを一掴み。と、そのときです!

つるっ。ごろごろごろごろ…
( ̄□ ̄;)!!自分のまんじゅうが!

 さてここで一つ、解説せにゃなりません。だだっぴろい茶室の中、生徒はどのような配置で座っているかと申しますと、真四角の部屋の壁にそって中央を向き、囲むように座っているわけでございます。真ん中は先刻悪戦苦闘でお手前を披露した(苦笑)席がちんまりとあるだけでして。もちろんまだ、きちんと片付けなんてされていないので、お茶の道具は広げっぱなしの状態。

ぎゃ~~!頼む!とまれ、とまってくれぇ!お茶の容器にあたったら粉が飛び散るぅ!!

その願いが天に通じたのか、まんじゅうはぴたりと止まりました。部屋のちょうど真ん中、お茶の道具の隣で…

『丙決定。。。』

若い先生の、ものすごくひく~いトーンの声が頭上から聞こえてきました…
まだ2回目の授業なのに(自分にしたら、はじめての授業なのに!)、いきなり丙決定!?

 ※お茶の授業は『甲乙丙』の三段階評価なのです…

授業後、しょぼくれながら廊下を歩いていると、友人たちが慰めてくれました。

『きっとさ、先生の機嫌が悪かっただけだよ』
『そうそう。男にでも捨てられた直後だったとかさぁ~』
『ありそうありそう♪化粧濃すぎるんだよ~(笑)』

誓って言います!自分は一言もこの発言に参加してません!それなのに…

『丙決定。。。』

背後にいた先生の形相がものすごいことになっていました…その隣には年配先生の穏やかな微笑みが…

『お気の毒にねぇ。ほほほっ』

先生…フォローはしてくれないんですね…はい。人生なんてそんなもんデス。もちろん成績は宣言通りの『丙』でした…今思い出しても結構へこみますわ…(´ヘ`;)

どっぺん。

人気blogランキング
参加中デス。もし『ぷぷ_・)ちょっと笑っちゃったよ』という方は、おひとつぽちっとよろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
# by r_elemental | 2004-06-01 20:35 | イレギュラーな具材たち

友達はメール、仕事は両方(電話<メール)、家族も両方?(電話>メール)

あなたは電話派? メール派?

 お題にそった書き込みに挑戦♪こういうのもたまには面白いかもしれないですね~(*^^*)というわけで、以下本題へ!

 ふむ…一概に…は言えませんが、あえていうならメールの方が使用頻度高いかもしれないデス。仕事用&プライベートメアド(いくつかあるうちの1つのみ)に届くメールは、全部携帯に転送しているので、メールは1日数十通~油断してると携帯のメモリオーバーしちゃいますから(^^;)

 かといって、電話を使わないわけでもなく…出向中はやはり頻繁に電話使うので充電器持参じゃないと通話だけで充電切れちゃうほど使ったりしてマス。ということで、仕事は両方派かも?ただ、仕事仕様のときは携帯からメール送信することは少なめかもしれないですね。(どうしても受信メインになっちゃいます。)

 対して、プライベートは圧倒的にメール派ですね。つい最近まで友人の一人がポケベル派だったこともあって、PHS時代から太い指で(笑)悪戦苦闘しつつあの小さいキーを打ちまくっていて、だいぶ慣らされてしまったせいでしょうか(^^;)面倒でもなんでも、空き時間やら仕事中(おいおい…)やら、電話よりは周囲を気にせずに出来ることもあって活用してます♪

 ただ、プライベートといっても家族に関してはまた割合がちょっと変わってきまして、メール半分、電話半分。でもちょっと電話の方が有利。といった感じです。仕事中、急に電話に出れないような場合でも、母上の体調変化やら要望etcは常にわかるようにということで、ある程度メールの定型文(…?というか勝手に何個かパターンを作って保存してあるのデス)を母上の携帯に用意しておいて、ボタン数回押しただけでこちらに用件が届くようにしてあるので、よくある用件のときにはメールで、それ以外のときには電話で…という感じになってマス。それにプラスして…数ヶ月単位で失踪する親父(ホントに行方不明になります…)は、メールの使い方がさっぱりわかっていないようなので、電話でしか連絡がとれないのですが…失踪中はこれもまったく使えなくなるので、あまり意味がないのかも…(^◇^;)

ま。臨機応変使い分けしてる…というところでしょ~かね(笑)?

(せっかくのお題なのに話にオチがつかなかった(´ヘ`;))

人気blogランキング
参加中デス。もし『OH!そうそう、そんな感じかも~』って思われた方は、おひとつぽちっとよろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
# by r_elemental | 2004-06-01 12:12

『はじめまして』のご挨拶文がないことに気付く( ̄□ ̄;)!!

 いきなり『ブログはじめちゃいましたわ~♪』なノリで雑文綴りを開始てしまったので、いまさら他所様のブログをみつつ、

『あれ?もしかして、自分、ハンドル(ペン?)ネームすら書いてない?!』

ということに気付きました(爆)遅いです…ものすごく遅いデス…そんなわけでして、今更ですが、自己紹介記事を追加することにしました。

■サイト名:鯛のおかしらつき!(これはまんまですネ)

■サイト管理人:r_elementalこと、まんたろう。
 (すまん!万ちゃん…PN浮かばなかったんで名前パクらせてもろたわ(^^;))

■職業:多分OL。とりあえず平社員であることは確か。
 (出向・出張アリ、深夜残業アリ、泊まりアリ、休日出勤アリ、残業手当無し(涙))

■年齢:半七捕物帳を知っている世代。
 (本放送か再放送かは本人にもわからないのですが…微妙ですネ)

■趣味:ネット。メール。(これだけじゃちょっとおたっき~な香りが…というわけで)
 追加で映画鑑賞(ホラー、アクション、コメディ、ノンフィクション。でも恋愛モノだけは
 勘弁(^^;))、京劇鑑賞、人形鑑賞、MeSciでASIMO鑑賞。たまに読書。ほんのた
 まに旅行(でもお金がないので近場)。

■愛読書(というほどのものでもありませんが…):英雄ここにありシリーズ(三国志)
 アイザック・アシモフ著ロボットシリーズ(短編・長編)
  ※求む!ミラーイメージ翻訳版!(T-T)
 封神演義(安能 務氏著)
 昔は京極シリーズにも結構はまりましたvv
 お金がたまったら古本屋で『燃えよ剣』をゲットの予定。もくろみとしては西遊記を数
 年後には全巻集めたいなぁ~と(絶版でなかなかないんですよね)
 …な~んて書いておきながら、最近はもっぱら駅設置の『住宅情報(無料)』ばかりに
 なってマス(苦笑)

■お気に入り:S.WのR2-D2。アシモフ作品に出てくるR-ジスカルド・レベントロフ氏。
 同じくR-ダニール・オリボー氏、それからアンドリュー。HO●DAのASIMO。ここまで
 全部ロボットです。
 ハミルトンやウェンガーの軍用時計(クロノグラフ仕様)。天野可淡氏作の人形。
 川本喜八郎氏作の人形。アルフォンス・ミュシャの絵(最近コーヒー缶の絵柄になっ
 ていたのでご存知の方も多いかも?アールヌーボーです。系統として、ガレの食器な
 んかもいけますvv)
 クロスのアクセサリ、天使モノとかも最近は結構…(*^^*)基本的に指輪はしませ
 ん。(指太いのと、PC&家事にはあまり適さないので…)
 ゴスロリ系(どちらかというとゴス系)の洋服。体系・年齢的に着れないので、もちろん
 み~て~る~だ~けぇ~…デス(^^;)

■お気に入りブランド(ちょっとOLっぽく♪):アニエスb(服がメイン)、バーバリブルー
 レーベル、シビラ、ホコモモラ、オゾック、22オクトーブル、ブラックピースナウ、ジャ
 ンポールゴルチェ(小物メイン)…でも最近はぼんびーなのでとんとご無沙汰しており
 マス(笑)

こうしてみると、ますますOLらしくない( ̄□ ̄;)!!…こんな管理人ですが、よろしくお願いいたします。。。
[PR]
# by r_elemental | 2004-05-31 16:01 | ごあいさつ、もろもろ。

…役得?

 休日は、お仕事休みモードどころではなく、どうも人間としての活動が停止気味になっちゃいますね~…ってそりゃ自分だけっすか?!(苦笑)

 珍しく(おいおい…?)ちょっとOLらしい話題をば。
土曜日の昼間から、後輩さんの結婚お祝いパーティなるものに行ってきました!(新郎は会社の先輩で、新婦は現在退職しちゃってますが、後輩さんだった…ということで、社内結婚デス)
 妊娠5ヶ月で、そろそろ安定してくる頃ですな~ということで、この時期のパーティ開催となったわけですが、めでたいことに、この妊婦さん、つわり一切無しの元気印で、おなかのあたりもまだ言われなければわからないぐらいに目立たないし(ただ、もとがスマートなお嬢さんだということを知っている人間にはわかるかも?)階段もすたこら昇降しているしと、兎に角元気元気!

『2年かかったけど、数打ちゃあたるもんですわ(笑)!』

という豪快なお言葉まで飛び出し、こりゃもう既に新郎は尻にしかれてるんだろうなぁ…と容易に推測出来たりと、まあめでたかったんですよ(*^.^*)

…それとは別に。普段はあまり話が出来ない方面からの情報収集にも非常に有効な場であることも確かでして。しっかり耳ダンボにしつつ、おもいっきりおばさんしながら若い子をからかいつつ、元上司のとんでもない所業を聞いてしまいました。

 かれこれ5~6年から、その元上司というのが社長室の女の子や営業事務の子やら、技術部の子やら、兎に角あちこちに『さみしいから一緒に食事に行こう』だとか『映画が云々』だとか、挙句意味のないような言葉の羅列メールで、件名に『うふっ』とか『えへっ』な~んてつけて、仕事中盛んに出していたらしいんですわ。

当時、新人だった後輩さんは、斜め前の席から発信されたそのメールに、かなり怯えていたようで、まともに顔を上げて仕事が出来なかったらしいです。(そりゃ大学出たての女の子が、40近いオヤジからそんなメール頻繁に送られたりしたら怖いやら、きもいやら…)

で。そのメール、本社内だけではなく彼女が出向した後も続き、(しかもその上司と一緒に出向させられていたんです!もちろん席は出向しても近くにセッティングされていて)数年たった頃には、彼女の堪忍袋の緒も切れる限界を迎えてしまったようで、ある日、電話でその上司が渋るのを制して呼び出し

『もうこんなわけのわからないメール送るのやめてください!仕事に支障が出ます!』

と、そりゃもうすっぱりきっぱり怒ったんだそうです。さっすが!ウチの会社の女の子は美人ぞろいの性格ちゃきちゃきで、強い子ぞろいなだけのことはあります!(あ。自分はその中に入ってないですよ(^_^;))

そしたら今度はその元上司、社長室の子に頻繁にメールを出しはじめて、

『XXさんにふられちゃってすごく寂しい…』

などなど、とんでもない文面を書いて来たという(驚)!振られるも何も、元々その上司と付き合いがあったわけじゃないし、一方的にメール出しまくっておいて、いかにも彼女にふられた~みたいな書き方するとは、こりゃもう勘違い野郎決定だな…と思いつつ、更に井戸端会議参加組みの女の子たちの話を聞いてみると…

『あ~そういうメール私のところにもきた!いかにもさ、期待もたせておきながら、最後はあっさり振ってくれたよな~みたいなメールが!』

『あ~そうそう!こっちにも寂しいとか、食事や映画に二人で~とか、まだ特定の彼氏がいなさそうだってねらいつけて、メール出してくるみたいで…』

などなど…なんとそこにいたほぼ全員のところに気色悪い迷惑メールが届いていたことが判明!社長室の子は、あまりにも妙なメールが頻繁に届くので『このオヤジ、どこかおかしくなってるんじゃないのか…?』と心配になって、正気づかせるきっかけになるようにわざわざ、

『貴方には、かけがえのない大切なお子さんがいるはずです。貴方が今一番に考えるべきことは、そのお子さんの幸せなのではないですか?道をふみはずすような言動はすべきではないと思います。』

という内容のメールを長々と書き綴って送信したんだそうです。そこで改心するなり、迷惑メールを止めていれば、それ以上悪評を広げることにはならなかったんでしょうが、その元上司は、

『それは、君と僕の価値観の違いがあるから、とやかく言われることではない』

と半ば逆ギレ(爆)。挙句、社長室の子が結婚して退職することになったら、今度は別の女の子に、

『彼女が僕に何も言わず、あっさり結婚して退職するだなんて、ショックです』

とメールをしつつ、その裏で上層部相手に、社長室の子の誹謗中傷を並べ立てていたせいで、彼女が辞めるときには、上層部との間が酷く険悪な状態になっていたことまで判明…

 叩けば叩いただけ、埃がもくもくと出てきそうな元上司の話が尽きることなく続き…そこで、自分はふと気付いたのです。

…ん?待てよ?自分のところにゃ、そんなメール一度たりとも来た事無いよ?

確か自分は、入社直後の研修から仕事はじめて3年目ぐらいまで、ほぼマンツーマン状態で組んできたはず…あ、あらぁ(^_^;)?

こ、こりゃ~ブス・デブ・お馬鹿の役得…かな?こんな自分でも、たまには自然に危機回避が出来てるものなんですね~今回ばかりはこの言葉ぴったりかもデス。

ブスでよかったぁ~(^。^;)ナイス!自分!!

どっぺん。
[PR]
# by r_elemental | 2004-05-30 05:59 | 折り詰め作成中(日常雑記)

にぼしのおかしら無しの日。。。

 朝から落ち込みモード全開です(でもちょびっとだけ浮上中)

 ま、そんな日もあるさ!というより、きっとそんな日の方が多いもんですよね。それにしても『言葉』っていうのは、とてつもない殺傷力を秘めてることがあるもんです。
 今朝は本気でぱったりしそうになってしまいました。

 『こんなところに長いこと住んでたら、気が違っちゃうよ♪(←凶悪…)』

 明後日からしばらく実家で暮らすことになった母上の、多分喜び(?)のお言葉なんですが、悪気がまったくないのがまた衝撃的でした…

『こんなところ』を買っちゃって、『こんなところ』にこれからずっと住んで、『こんなところ』の家賃払い続けていかなきゃならない自分の立場って一体…(涙)

 というより、少しでも母上の気が晴れてくれるのなら…というのを最優先に選んだ『人少なめ、畑多め、緑かなり多めでお隣をあまり気にしなくていい場所』の条件に、結構はまってるかな?と思っていた場所だっただけに、しばし呆然としてました。_(・・ ;)φ

そっか…今まで我慢して住んでてくれたんだ。

というのと亡羊の嘆で、朝はこれからどういう顔して会話したらいいだろ?って思ったりもしたんですが、時間がたって頭が冷えてくる(というか覚めてくる?)につれ、彼女がいいたかったことがなんとなくわかってきました。

要するにといいましょうか、まさしく『解釈の違い』なんですよね。
自分が想像したところの、彼女の快適度をUPする優先事項は、単純に、

 『静か』 『緑が多い』 『人付き合いのわずらわしさが少ない』

だったんですが、実際には、

『静か』
(=家の中も静か。誰にも何も言われず、時間も気にせず、気兼ねなく自由に過ごせる)

 『緑が多い』
(=庭があって、いつでも好きなときに家庭菜園や、花壇が作れる。)

 『人付き合いのわずらわしさが少ない』
(=管理人さんや隣人と会うことがない。戸建で周囲に家がない郊外がいい。)

言葉ひとつひとつの解釈で、彼女と自分との間には峡谷ぐらいのふか~い溝があったようなのです…

 確かに彼女の条件と、今の家は何ひとつあてはまっちゃいないんですよね(^^;)でも、やっぱり『気が違っちゃうよ』発言は、結構きつかったなぁ…なんて母上に言っちゃったら、きっとまた精神的に不安定になっちゃうんだろうな(苦笑)。

 でも彼女が、あんなにうれしそうに言った『言葉』ですから、わかったときにはきっと『な~んだ。そういうことだったのか!』って思えるような意味があるんでしょうね!XX年(=年齢ではないところがミソ!)のおつきあいになりますが、母上とのお付き合いはやっぱり難しい!まだまだ精進が必要なようです。

どっとはらい
[PR]
# by r_elemental | 2004-05-28 18:22 | 折り詰め作成中(日常雑記)

『お米』が医薬品認可を受けるとき。

 はい。タイトルだけはまじめです!相変わらず内容はお馬鹿さんなのですが、お暇な方はちょっくらお付き合いくださいませねvv

というわけで。今回は今朝のニュースからうろ覚えの『お米』ネタです。
『花粉症の方に朗報!』とばかりに取り上げられていた今回の主役、『お米』が花粉症緩和の効果を持つものに進化する!

 …ということなんですが、こ難しいお話はさておき、この一行広告(…?)の中に大風呂敷ばっさばさ広げて、うだうだ論議出来るほどの問題事項があるらしい…ということがとりあげられてました。ま、大半は『何言ってんだかよくわからないや~』だったんですけど『ほほぅ…?』と思ったことが少々。

 現在アレルギーではない人が誤って服用した場合(この言い回しが既に『お米』相手にしてるとは思えない(笑))に、花粉症を発症する可能性があるとすれば、それは立派な『副作用』だ。

って言うんですわ。こりゃもう既に『医薬品』として論じられてるってレベルなんだなぁ~って思っちゃいました。品種によっては、お米が国のしかるべき認可を受けて薬局限定販売になり、コンビニやらスーパーから姿を消していく…

 ササニシキ(花粉軽症用)とか、魚●産コシヒカリ(花粉症ゴールド)とか、パッケージにはきっと『医薬品』の文字が燦然と輝き、スギ花粉がピークをむかえる3~5月ぐらには店頭の一番目立つスポットで売られ、値段なんてきっと普通のお米の2~3倍はするんだろうな…などなど、想像力を大暴走させてTVをみていると、

『ただ、遺伝子組み換えによって得られる効用ということで、栽培試験場をいくら隔離したとしても、遺伝子汚染の可能性がある限り、これは容易に認められるものではないですよね』

『…ん?遺伝子汚染?』

組み換え植物から生成された種子や花粉が、微量でも他所の田畑に入っちゃったら、何世代か先にはあちこち組み換え植物だらけ~の、純粋種はどこよ?!状態になってしまうというアレです。

 もし、遺伝子組み換え版花粉症対応お米が蔓延でもしたら…現在発症者+予備軍合わせて国民の約5割はいるといわれている花粉症患者が春の涙+鼻水地獄から解放されるかもしれないですけど、残り5割は逆に花粉症にかかる!?

い、意味ないじゃん…(^◇^;)

『…というわけで、JA全農は遺伝子組換えイネの隔離ほ場試験を断念したようですね。』

………………………………………………………………

…ふ~ん。…で、自分が想像した、あのササニシキ(花粉軽症用)とか、魚●産コシヒカリ(花粉症ゴールド)のやり場はどうしたらいいんでしょ~ねぇ(⌒ー⌒;)?パッケージまでマジメに考えちゃいましたわ…

そんなこんなで、むなしく通勤時間を迎えたのでありました。


【注意】
 上記内容は少々暴走気味な想像内容が含まれており、いろいろと誤解だらけの内容となっておりますので、詳しくはこちらをごらんくださいませm(_ _)m


どっぺん。
[PR]
# by r_elemental | 2004-05-27 18:30 | 折り詰め作成中(日常雑記)

閑話~固定資産税一括払!~

 すごい!タイトルが全部漢字で、いかにもまじめそうなネタみたいだ…と、一人で感動してしまいました。(※お手軽な性格デス)
 とはいえ、間話には違いないが、決して閑話じゃ~ないだろ!?な内容だったりします…まあ、基本的に頭軽い人間が書くことなので、どうやら大変だったらしいということが伝われば御の字ですわね~

 さて。話は少々遡って…1週間ほど前のこと。親父’s知り合い不動産屋からFAXを更にコピーしたような印刷粗悪(?)な用紙をもらいました。中をみると…

 『何々?固定資産税&都市計画税支払いに関する資料?』

実は当方1月下旬に親父’s知り合いの不動産屋仲介で中古マンションに引越しをしました。そのときの約束で

 『今年の固定資産税&都市計画税は前家主さんのところに請求が行くので、1月のマンション引渡し期日分までを前家主さん、それ以外を当方支払いという形で、通知が来たときにお支払いをお願いしますね』

というのがあったのでした。そうかそうか…確か6月ぐらいに来るって言ってたけど、早まったんでしょかね~?などと悠長なことを考えながら、用紙をめくってびっくり!

 支払総額7X,XXX円( ̄□ ̄;)!?


しかも『5/28までに入金をお願いします』って…お~い!?確か母上の話だと、

 『マンションは個人所有(権利?)の土地が少ないし、建物だって中古で年数もかなりのもんだから資産価値なんてたいしたことないわよ。税金なんてせいぜいいいとこ1年で4万ぐらいなもんでしょ。』

ってことじゃなかったんでしたっけ?!しかし、この推測には大きな落とし穴がありました…母上’s予測はあくまでも実家がある郊外、しかも駅からある程度の距離がある一戸建てに関するものであって、都市部とまでは決して言いませんが、実家よりは幾分都市寄りにあって、ローカル沿線の急行通過駅とはいえ徒歩3分圏のマンションとは条件が違う…ということだったんです。

あまかった…

と、嘆いたところで時既に遅く…書類を確認したのが夜中だったのにも関わらず、家中ひっくりかえして使ってない通帳まで探し出しての大騒ぎで、プチ金策を開始する羽目になったのでした。

が。どう頑張っても足りない…しかし、天は我を見捨ててはいなかった(…?)のか、給料日というものがありました(^。^;)これで一時的に難を逃れたものの、

   給料-(家賃+税金)=-XX,XXX円

あ、あははははははは(乾笑)今月の生活はじめる前から赤字だし…鯛のおかしら付き折り詰めを拝める日はまだまだ遠い先のようです…

【教訓】
 ・前もってわかっている出費には、いつでも対応できるようにしておきませう。
 ・何でもかんでも人の言うことを鵜呑みにしてはいけません。
  (ちゃんと自分の条件に合わせて調べ直しましょう)

【補足】
 皆様周知かとは思いますが…通常固定資産税は年4回の分割払いになります。当方の場合は、前家主さんとの約束があったため、一括払いという恐ろしげなことになったのでありました…契約のときにちゃんと考えようよ…自分(´ヘ`;)

どっとはらい
[PR]
# by r_elemental | 2004-05-26 15:17 | 折り詰め作成資金調整中

はじまりは『お米』

というわけで。とうとうはじめてしまいましたわ>ブログ。
はたしてどこまで続いてくれるものやら、と~っても心配ですが、文章を書かなくなってからというもの、物忘れはげしいやら、ボケかます回数増えるやら、平面でこけるやら(いやこれは関係ないかも…)このままじゃあかんぞ!?自分!というわけで、身近なネタを材料に『鯛のおかしらつき』折り詰めが完成出来るよう、不定期に更新していく所存でございますので、もしこのページにひっかかってしまった奇特なお方がいらっしゃいましたら、たまに覗いてみてやって下さいませねvv

 さて。タイトルに関すること等々…いろいろネタはございますが、まずは『お米』ネタから参りましょうか。ものの見事にタイムリーな出来事がありましたので(^_^;)

 『お米』というのは、おかずがどんなにひもじかろうが、スタンダードな味と食感を提供してくれる、いわば食事の『基本』でよりどころでもあるんですわ、私の中では…
しかし!そのお米に非常事態が勃発したのです!
 今朝もいつものように、炊きたてご飯が湯気をたてているはずのお釜をカポっと開けると、そこには得体の知れない白くのっぺりした物体が広がっていました。最初は『もち』かと思いましたよ、ええ!まさに正月用の板状ののっぺ~っとしたブツの『つき』が甘くて米粒がちょっとばっかり残っちゃってるぜぃ!みたいな状態…
おそるおそるへらでつついてみると、これが見かけほどの弾力性もなく、すぐへたるような根性無しときている。こういうところは『餅』というより、いわば『粥』。粥が釜の中で、たらふく水を吸って飽和状態になり、一粒一粒の存在感を破棄して集合体を形成しちゃったかのような…

でも単にそうであるだけなら、粥がさめて水分が中途半端にとんでくっついてる…というぐらいのことなので、たいしたことはないだろう…と思ったのですが、これが大きな間違いでした。
 この米、見かけ以上に大変なことになっていたのです!表面ぐっちょぐちょで粒でいることすら破棄しかけているというのに、なんと芯が残ってるんです!芯だけがみっしりと…

 水くさい以外に何の味気もない、のり状の物体を口に放り込むと、口中に芯がささるという!これはもう、筆舌に尽くし難いまずさです。かなり落ち込みましたわ…
お釜の中に残る4合分の米…いつもより100円も奮発して購入した無洗米で、安いわりには比較的味もまともだったお米。無理矢理口に詰め込んでみても茶碗1杯は無理でした(途中で吐き気に負けた)。

 かといってここで4合捨てるわけにはいきません!明日の朝にはカレー味、ミソ味、しょうゆ味、ほんだし味等々多岐にわたる粥にチャレンジです。絶対完食してやるぞぉ!

 というのはさておき。結局…お米に何が起きたのかは皆目わからないのでした(水の量間違えてるわけでもなし、お米の量間違えてるわけでもなし…)

どっぺん。
[PR]
# by r_elemental | 2004-05-25 04:08 | 折り詰め作成中(日常雑記)