<   2004年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

飛んで飛んで飛んで飛んで廻って廻って廻って廻りすぎ~(@o@)

台風一過(?)ですね…空青いなぁ~しかし風強いなぁ_(`。`;)φなどと思いながらお昼休みに近所の八百屋へ…(実はこの間買物したとき、まいたけ1個分の値段間違って多くとられてちとご立腹(○`ε´○))

その道すがらふと左前方をみるとなにやら緑色の物体が凄いスピードで転がって来るじゃ~ないですか!(しかもたまに勢い余って飛び上がっている!)

ゴミにしてもやけに鮮やかな緑色(というか黄緑色)しかも丸いわけではなさそうだ…つい立ち止まってまじまじみると、それは…

ファイティングポーズをとってるカマキリでした…

しかもファイティングポーズで固まった状態で、なんの抵抗もなくひたすら転がり続けている!そしてこっちに迫ってくる!\(>_<)/

な、なんか知らんが怖かった…はさみ(?)の部分を微妙にヒクヒクさせているから多分生きている(っていうかあんなに見事にファイティングポーズで固まってるという状態は死んでたら出来ないんじゃないかと思われ…)のに、転がるまいとしてふんばるとか、しがみつくとか、一切無し!ひたすらころころころころ~って自分の足元を通り抜け、一体どこまで行く気なんだ?!

そして彼(?)は…歩道を見事な勢いで転がりぬけ、車道へと消えていったのでした…その後は予想するまい(--)(__)

どっとはらい。。。
[PR]
by r_elemental | 2004-09-30 19:33 | 折り詰め作成中(日常雑記)

保険を選ぼう!(@o@)…その2

というわけで、第2弾!あまり間をあけると自分が何書いてたか忘れそうなので、空き時間をフル活用して投稿デス(苦笑)

前回は一定満期の保険(※補足!一定期間保障という方デス。一定満期にも、60歳満期で終身保障のものがありますが、ここで書いたものは終身保障を含みませんよ~(^^;))と終身保障の保険とでは、終身の方がよさそうな感じしない?

という話と、

終身保障の中でも定期的戻り金があるタイプ掛け捨てタイプでは、戻り金を考慮して計算した場合どうやら掛け捨てタイプの方が総支払額は安くすみそうな感じ?(※こちらも補足。あくまで両プランとも10年間で一度も入院をしなかった場合を想定して比較しています。しかもある会社のプランをチョイスして自分の年代で計算した結果であり、必ずこういう結果になるとは限りません!)

という話でした。

で、次なる段階へ…
今までは支払額のみに視点をあててみてきましたが、保険はなんといっても保障内容も重要でしょ!ということで、全部ではないですがこんなパターンがあるようだぞ!というものを…

■一般的な病気・怪我による入院保障■

・日帰り入院から保障というものと入院1日目から(これって日帰りと一緒かな…?)と入院●日目からというパターンがあるらしい。

・1入院60日まで、120日まで、365日まで…etcと『1入院』という単位があるらしい。ちなみにこの『1入院』というのは、1回も入院で最高●日まで保障するが、それ以上の日数は継続して入院してても保障しないよ!というもの。

・『1入院』とは別に、通算●日保障という上限日数がある。730日、1000日、1200日…etcが主なパターン?ちなみに終身保障でもこの日数制限がある!

・一定年数健康であれば、保険料の割引が適用されるパターンがあるらしい。(終身保険でのパターン。保険料定額となっていても、中にはある一定期間(5年や10年間)健康だった場合、保険料が割り引かれるというもの。(割引上限●%までという制限はありますが(笑))

・●歳まで保障。とあっても一般的な病気はさておき、怪我の場合は謳われている年齢より低い場合がある。(例えば終身保障となっているのに、怪我の場合は●歳までなど…)

・死亡保障や解約時の返戻金などは無いものが多い。(保険料が安いものはほぼ全部このパターン。ま、今回は生保機能は切り捨てて考えているので、このあたりはしょうがないかな(^^;))


大まかな保証内容でした~m(_ _)m…ってそこで話終わらせるなよ…自分(^^;)
ネットで調べると、上記のような内容が簡単に調べられます。ただここで要注意!今回はガン保険、三大疾病保険といった特殊な(ようは非常に金のかかる)入院の保障ケースを抜いて考えてます。この保障をつけると値段やらなにやらが一気に変わってしまうので…あくまで『一般的な病気・怪我に対する保障』のみです!

で、ここからわかったこと。

・入院●日目から~とかだと短期入院を繰り返した場合、1度もお金おりてこない…

・1入院の上限日数越えたらその分自腹( ̄□ ̄;)!しかも、この『1入院』ってたとえば上限が60日設定の場合、9/1に1回目の入院~9/30に1回目の退院(計30日入院)…退院してから180日未満が経過…11/1に2回目の入院~12/10に2回目の退院(計40日入院)ってなった場合に2回目の入院の10日間分が自腹扱い( ̄□ ̄;)!!
(補足:前回退院から180日以上経過せずに2回目の入院となった場合、2回目の入院は『1入院』とは扱われず、1回目の入院からの通算入院日数としてカウントされてしまう!)

・通算保障上限日数があるということは、終身保障にしても上限日数を越える分だけの入院をしてしまったら(入退院を何度も繰り返して、数年間のうちに上限日数1000日を越えてしまった!な~んて場合…)それ以上の保障はでない(´ヘ`;)

と、まあ…こんなデメリットもあるぞと。

最近のプランは大体1日入院からもカバーしてくれているので、ここはさほど気にしなくてもいいかな?などと思いつつ、お手軽で終身で~と考えると1入院の上限日数やら通算日数が短くなるわけなんですよ…それを考えると、一定期間保障の方がいいような気もする(-""-;)

結局のところ、どこに重点を置いて選択するか?ってことなんですよね。値段だけに重点を置くか、ある程度の値段を覚悟して保障を重視するか…いずれにせよ、何かを犠牲にしなきゃならんものらしいです…保険というものは(^^;)

そんなわけで、結論!

当面の家計を重視し更に当面の健康状態に不安があれば、一定期間で保障が充実している保険、当面の家計に重点を置きつつ一応老後までカバーしたいという場合は、上限日数に多少不安はあっても終身で安い保険、老後に重点をおくなら、保障がある程度充実していて一定年数健康であれば保険料が割り引かれる保険を選択する!

ホントにこれがあってるかどうかなんて全然わかりませんよ~(^^;)所詮素人がネット調べて考えただけのことですからね(笑)でも、もしこれから保険を選びたいなぁ~なんて考えている方がいらっしゃったら是非参考程度に…

どっぺん。。。

PS
結局まんたろうはどれを選択したのか?実はまだ選択しきれていません(^^;)何に重点をおこうかで迷いまくり中(^◇^;)←だめじゃん…
[PR]
by r_elemental | 2004-09-29 17:09 | 折り詰め作成資金調整中

保険を選ぼう!(´ヘ`;)…その1

タイトルと顔文字が一致していない…(汗)やる気だけはあるんですが元々頭が足りてないので顔文字状態になっているんですねぇ~というわけでご了承下さい(?)

カテゴリの『折り詰め作成資金調達中』を全然全くちっとも活用していなかったので、過去の分も含めて『金』関連の話題のものは全部そっちにぶっこんでみようかと考えてマス(まだやってないですケドね~)

というわけで今回は『保険』。保険って一言で言ったっていろいろいろ~(以下略)あるようでそんなもん全部みてたら頭おかしくなるわぃ(`´メ)というわけで、年も年だし最近ちと気になった医療保険と個人年金(これって保険なのか?!)の情報を漁ってみました。

が!いきなりですが、とある雑誌で『(前振り云々)~よって個人年金についてはある程度の年齢になってからでよいと思われる(恐らく40代ぐらいからということらしい…)』との記事があったので、あっさり調べるのをやめました(^◇^;)いや、今回調べる目的としては、自分が現在加入するべき保険ってなんぞや?というのを知りたいということなのでネvv(なんだかこのネタ書いているうちに自分の年齢大暴露しそうだ(-""-;))

というわけで医療保険です。今回は生命保険の機能はすっぱり捨てました。なぜかといいますと、自分は一生独身を通すから!(もし途中で結婚するとしても恐らく子育ても終わって日向で光合成しながら茶飲みする友達ほしさにするぐらいだと思われる…)かといって、自分の葬式代ぐらいは残さなきゃいけない(-""-;)1回の葬式に必要な平均額は400~500万程度。安くあげようと思えば300万もかからんと思うのですがあくまで平均ということで。このぐらいの金額なら死ぬまでになんとかストック出来そうだし、ストックする前に死んじゃった場合は65歳までなら現在加入中の都道府県民共済の死亡保障がある!(大した金額じゃ~ないですけど葬式代にはぴったり)

以上のことを踏まえて『●才(ヒント:負け犬!)独身女に必要な医療保険は?

まずはじめに…

ある一定年数満期の保険。(ほとんど10年かな?)健康だったら満期金が出るパターン!こりゃええんじゃないか?→でもねぇ~これ満期金出るだけのことはあって、結構高めなんだよねぇ…今の年齢で『高い!』って感じるってことは20年後30年後にまた入りなおすってときにその時点の年齢で支払い額が決まるでしょ?これって歳くうたびに更に高額になってって、結局支払えなくなる可能性あるんじゃ…(-""-;)?

じゃ~

一定年数満期で掛け捨てタイプの保険。これなら満期金が無い代わりに支払いは安く済む!家計圧迫することないしねvv→でもねぇ~やっぱり20年後、30年後って入りなおす度に支払額あがるんだよね…それにものすごく長生きしちゃったら年齢制限にひっかかって保険に加入すら出来なくなるかも(-""-;)

というわけで終身。これもいろいろあるようで、60歳まで支払ったら以降支払わなくても終身保証というもの、終身保証だけど支払いも終身終身だけど支払額を途中で見直すもの。支払パターンだけじゃなくて、一定期間健康だった場合のお祝い金のようなものが出るもの、完全掛け捨て型のものというパターンもある!

お祝い金が出るものは、要するに満期金が出るパターンと同じで結構高い!しかし、終身掛け捨てというのももったいない気がする!そこで一つ計算をしてみました。

A社終身掛け捨てタイプとB社終身定期的祝い金有りタイプの10年間の支払額について。(1入院60日、日額1万円。計730~1000日まで保証タイプにて比較)

・A社は3200円程度を10年間支払い、B社は5200円程度を10年支払った時点での比較とする。B社は10年間健康だった場合には20万の戻りがある。支払額は両社とも一定のまま。(※これは自分の年齢付近のおよその金額で、年齢によってかなり変わってきます!)

これで計算すると…

A社:3200×12(ヶ月)×10(年)=384000
B社:5200×12(ヶ月)×10(年)-200000(戻り)=424000

10年間健康だった場合B社の方が4万円多く支払っていることになる( ゜_゜;)!これは一例であって全世代に言えることではないし、貯金がてらに一定期間でお金がバックされるという方式を活用するにはいい商品だとは思うのですが、自分世代では単純に金額だけをみると掛け捨ての方が安い…ちと意外でした。ま、この低金利時代に利息がついて多くなって戻ってくる~なんてこと、こういう商品で保証出来るわけないですもんね(^^;)

とまあ、半分程度しか書いていないのにこの長さ!(^◇^;)読むには流石に長すぎるので、一端CM!(ぢゃなくて…その2に続きます!)
[PR]
by r_elemental | 2004-09-29 12:19 | 折り詰め作成資金調整中

手続きモノはむずかしい(-""-;)

急遽!ホントに急遽社会保険に関してオロオロ(…?)調べる羽目になりました。というわけで、ここ数日ネットで仕事の合間に~というより調べモノの合間に仕事しているといった状態になっとります(´ヘ`;)

実は母上様の保険証が9月いっぱいで切れてしまうのデスよ。1ヶ月前からそれはわかっていたことだったんですが、フクザツな家庭の事情で(…?)自分がどうにかしなくても大丈夫だろうなぁ~ってちとばかり油断していたのですが、数日前になってどうにもなっていないことを切々と(いや、怒鳴られながらか(^^;))知らされて、慌てて自分が動く羽目になっているというわけなんです。

会社に言って即自分の扶養扱いにしてもらって保険証を発行してもらえばいいじゃん!って思われるかもしれませんが…(っていうかそうです。そうするしかないんです!)自分はちとばかり悩んでしまいました…

住民票別だし、何より一人扶養が増えると一体どれだけ金額上がるんだろう…?

社会人になってこのかた、転職経験もなし、特に手続き変更の必要も無しで来た自分にとっちゃ全くもって未知の世界の代物なのですよ。この手続きというものが!!
どんな条件があって、どれだけ金額があがって~っていうのを一体どこで調べればいいのやら誰に聞けばいいのやら、全くもってわからない!(@o@)とりあえず、上司にメールしてみるものの、そんなつっこんだ内容までわかるはずもなく…奥の院と呼ばれる一般社員直接連絡不可な社長室の人宛にメールしてくれることになりました。

しかしデス…この奥の院、ひっじょ~に多忙なセクションらしく(でも定時帰り原則!)一度質問を投げてから回答が来るまでに1週間!なんてことはざらなんです(-""-;)しかもその後の手続きなんて『急いでいる!』という話をしても1ヶ月~終いには半年経過してすっかり忘れ去られているということまであるという…(^^;)果たしていつになったら返事が来るんだろうかとこれからやきもきしながら待つ日々になりそうです(苦笑)

と、それはさておき(いや置いといちゃいかんのですケド…)多少パニック状態から復帰したところで、わからないなりにも自分で調べられるところは調べてみようという気になり、オロオロ(?!)と見始めたというわけなのですが、あってるのか間違ってるのかは別としてこんなことが書かれてたりしてました。(以下ウチのパターンに置き換えて書いてマス)


・家族内で一番稼いでいる人間が扶養するのが原則らしい。よって3人家族で2人働いていた場合、所得がいい方の扶養とするように言われるらしい。

・母上の年収が180万以下であれば扶養家族扱いに出来るらしい。
(※これは身障者だからで、健常者の場合は130万だったか103万だったか…兎に角もっと金額設定低いです)

・自分と母上の住民票が別々の市にあっても(ようは別居してても)扶養に出来るらしい。但し、自分が母上の生活費を負担している証明のようなものが必要らしい。


そこからちと考えた…

・家族の3人中2人が働いているといっても、完全別居状態(っていうかそれぞれが家主だし(^^;))自分の給料が親父の給料抜くことなんて、向こうがまっとうな商売し続けている限りありえない!しかし、現在彼はまっとうな商売をしている様子がない(苦)しかもそれを証明する手立てもない。こんな状態で、『まっとうに働いていたときの給料は彼の方がいいからダメ』なんて比較をされてしまうのだろうか?っていうかそもそも二人共家主という状況でも比較の対照にされちゃうの!?

・母上と自分の住民票は確かに別。しかし、母上の実家にいる割合と自分宅にいる割合は正直言ってとんとん。(これは実家の方にかかりつけの病院があることと母上が実家から完全に動くのを渋っているため)よって生活費も別段仕送りしているわけではなく、基本的に手渡しだったり、自分宅にいるときには自分と完全に一緒になってしまっている。こんなんどうやって生活費負担の証明すりゃええの?!


で、結論。知りたいことがよくわからん(-""-;)

要するにうちの場合、扶養に出来る可能性はあるの?ないの?っていうことと、扶養家族扱いにした場合、いくら増額されるのさ!?っていうのが相変わらずわからんのです。こんなもん誰に聞けばええんでしょうかねぇ?しかも、社会保険なんて会社まかせでやってきてるので、自分で勝手に手続きなりなんなりしちゃったらそれこそパニックになりそう(@o@)!

そんなわけで現在パニくりながら八方塞の状態だったりします…あ~あ…なんかまた白髪増えそうデス…(っていうかこれでハゲでも出来たら目もあてられん!!)

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2004-09-28 17:25 | 折り詰め作成中(日常雑記)

平静ではいられない!?

近場旅行から帰宅後、死んだように(というか本気、魂抜けてたのかもしれない…)爆睡。ようやく現世に戻ってきました(苦笑)というわけで少し旅行記のようなものをば…

自分のポーカーフェイス度をチェックする1日になってしまった旅行2日目の出来事。朝ホテルにて6時起床。母上が昨夜購入しておいたおにぎりセットをパクパク食しているところでした。実は、前夜16時頃にホテル近くの回転すし屋で握り6皿分を御土産用にしてもらい、ホテルに戻って即完食した後、19:30頃にレストランで定食をペロリと平らげ、23時頃にまた間食をしていたので、流石に朝は胃もたれでもして何も食べられないんじゃ?なんて思っていたんですけど、そんなこたぁ~一切なく。全開で食べてらっしゃいました(^_^;)その後、元町駅についてショッピング街(1丁目~5丁目まである)の2丁目手前まで歩いて(※1丁目方向から歩き始めました)ダウン。2丁目の裏路地(?)にあった喫茶店にてケーキとお茶を完食。このとき11:00頃。自分は既に胃もたれ状態で結構ヘロヘロしてましたが(※念のため。自分は前夜寿司は一切食ってません!朝も巻物1本です)、母上はもうひとつぐらいケーキ食べたかったなぁ~と豪語。その後、中華街にて飲茶食べ放題の店でチャーハンと焼きソバと飲茶11個を平らげ(招福門というお店です…飲茶1個が結構量あります…)ここで流石に少し食べ過ぎたのか、その後は飲み物だけを頻繁にとり、夕飯時にちょっと思うところがあったらしく、レストランでお粥をオーダー…口にあわなかったらしく半分を残し、コンビニでお弁当とソバをチョイスしてホテルの部屋で完食…

みているこっちの胃が壊れそうでした…っていうか、普段自分が会社に出ている間に一体どれだけ食っているのだろう?とちと心配になってしまいました…確かに普通の家より食費がかかるなぁ~とは思ったことはあったんですけど(2人暮らしで、食費だけで月平均5~6万ぐらい)寿司が好きな人なので1週間に2~3回は安かろうが高かろうが寿司と刺身を食わないとダメな人なので、そのせいでかさんでいるのかと思っていたのですが、どうやらそれだけではない模様…これは少しずつ普通の人の量にしていかないとまた医者に怒られてしまいそうです…(以前、母上が入院しているときに医者に呼ばれてダイエットさせろ!ってきつく言われたことが…なんと自己申告した体重と実際の体重に25Kgの差があったらしく、そこまでサバ読む患者もはじめてだといわれてしまいました…)

そして、レストランで食事をしている最中のこと。母上の丁度後ろの席に一組のカップルが座ったのですが…しばらく目を離せませんでした…

『…ゴリエ?(ばーいワンナイ)』

片方を女だと思っていたのですが、腕は筋肉隆々(でも腕毛無し。すべすべ)足もふくらはぎとか超立派(でもすね毛無し。すべすべ)ピンクのボディコンミニスカ姿で手の爪にはピンクのマニキュア。深紅のルージュに目の醒めるようなブルーのアイライン。つけまつげもまんば顔負けのばっちりさで声は女そのもの。胸はおもいっきり鳩胸(詰めてるんでしょうか…)この辺はゴリエを想像していただければまんまデス。

片や男の方は極普通のサラリーマン風。眼鏡の男。あまりマジマジみちゃ失礼だと思って自分は必死に視線をそらそうとしましたが、何分母上の真後ろにいらっしゃって、しかも自分は母上の真正面に座っているといった状態。母上の方をみて話しているといやでも視界に入るんです!そして、はたと気付くと周囲の席の人たちの座る角度が微妙にかわっている!みんなその目立つカップルが見える位置にさりげなく移動しているんです!!新聞読んでる振りしている男は視線はばっちりカップル方面だし、ウチの隣に座っているカップルは口押さえて爆笑しているし!(女の方が指さして笑いかけたのを男の方が慌てて押さえてました…これは流石に失礼だ!)そちらを背後にしている母上には何事が起きているのかわかっていなかったようなので、自分も笑うわけにも妙な顔をするわけにもいかず、ひたすら平静を装っていました…そういえば、自分、あれだけ男、男しているニューハーフの方って始めてみたかもしれないっす…

というわけで旅行中の、平静を保つ訓練をしていたような一幕でありましたとさ…

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2004-09-26 16:25 | 折り詰め作成中(日常雑記)

衝撃の初体験?!

只今横浜某所にお泊まり中のまんたろうです。某所って隠すようなもんでもないんですけど、いわゆるMM21地区のホテルでして、今回のネタはこの場所がポイントになるんですよ。(^_^;)

ある日まんたろうは、ふと思い立ちました。最近精神的に疲れがたまって来てるし、動悸が酷かったり貧血の発作も頻繁になってきたし。これは一旦リフレッシュでもしないと駄目かな?ってなわけで、近場の横浜にでも逃亡してみよう!と…

で、ネットを調べてみるとなんとか払えそうなホテルの宿泊プランを発見!その部屋は『観覧車側の部屋です』とのことで、これは一晩中ネオンもみえるし海も適当に見えるだろうしいいなぁ…と思って即決定!で、現在母上と一緒に宿泊中なんですが、この部屋に入ったときの衝撃的な初体験!なんとこの部屋、

窓の中央にで~んと観覧車が縦一直線に見えるんです!!
これはスゴいですよ~!あれだけデカイものですからピンポイント位置でみない限りこれほど綺麗に(写真でお見せ出来ないのが残念!)縦一直線にみえることってないと思うんですよ~っていうか普通観覧車をこんな位置からわざわざみようってヤツもいなかろうとも思うんですけどね(笑)

しかしこの位置、観覧車のネオンが点灯してもよくわかりゃしません(^。^;)電気はついてるなぁ~っていうのはわかるんですけど、電飾がいろいろな模様を描いていようが全くわかりません!!しかし貴重な体験ではありますがね…(^_^;)

さてそこで問題です。自分は一体どのホテルの何階からこの景色(?)をみたのでしょうか?当たった方には…何も出ませんが(笑)予想してみて下さいませね~f^_^;!

ドッペン。
[PR]
by r_elemental | 2004-09-24 00:33 | 折り詰め作成中(日常雑記)

スパイ消去大作戦(`^´)!

休み明けですねぇ~(´ヘ`;)連休中どうも微熱がず~~~っと続いていたようで、だるだるモードだったんですが、昨夜になってはじめて『熱でも測ってみるか~』って計測してみると37.5度。うん、中途半端に微熱だ(^◇^;)というわけで、別段何をするでもなく出勤です。(と、まあそんなことはどうでもいいんですが…)

午前中そこはかとなく自分のPCを立ち上げてそこはかとなくお仕事。そこでふと異変に気付きました。とあるディレクトリの中身をみてたら、見慣れない輩がいる…?

ヤツの名は『CnsMin
しかもCnsMinIO他、亜種っぽいヤツまでいる!なんだこりゃ?自分は断じてこんなわけのわからん輩を持ってきた覚えはないぞ?!

しかしウィルスチェックは常駐しているし、休日前にはきっちりウィルスチェックもかけたし。おかしい…こいつは一体何者?というわけで、早速検索してみました。そして判明!

ヤツの正体は『スパイ

そういえば昔そんなモンに気をつけろって聞いたことがあったなぁ~などなど今更ながらに思い出しました。ウィルスじゃないからウィルスチェックツールには引っかかってこないらしいし、別段感染するわけじゃないから他人に被害を及ぼして大騒ぎになるでもなし。でもヤツはひそかに動いている…裏側でこっそりと。(-""-;)

しかも危険度は低いだのなんだのと言ってますが、もしかするとIDだのパスワードだのの情報を拾ってはどこかに丸投げしている可能性があるという不気味どころか恐ろしいヤツなんです!(スパイをあちこちに活用している方々なんぞは『そんなあくどいこたぁ~してませんよ(^^;)』って言ってるらしいですケドどこまで信じていいものやら…)いくら『何も悪さしてませんよ~ただちょっとパソコンの動きが鈍くなるだけ~』なんて言われたところで、まんたろう的にはちと許したくない存在なわけです(--)(__)

というわけで、早速拾ってきました『Spybot
どのツールがいいのかなんてよくわからないので、とりあえず検索してひっかかってきたツールをチョイス。インストール時は英語オンパレードだったんですが、起動後に言語選択が出来たので是!是!ということで(意味わからないな~この文(^^;))

で、早速スパイチェックを開始してみると…なんと『29個のスパイが潜伏しているではないかぃ!!

こ、こえぇ…(^^;)なんてこったい。知らない間にこんなにいっぱい居やがるたぁ~ふてぇ野郎だぁ!(何語使おうとしてるんだろう…自分)などと感心(?)している場合ではない!早速さくさくっと削除!だがしかし…

エキサイトやらGoogleやらyahooやらにアクセスしてお仕事関連の調べしただけで、既に何かが落ちている( ̄□ ̄;)!!あまりにもきりがないので諦めましたさ(涙)っていうか、誰なんだ!?こんなわけのわからんもの考え出したヤツは!ウィルスと同じぐらいに迷惑だぞぉ!

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2004-09-21 15:20 | 折り詰め作成中(日常雑記)

『Someone』

久々に一人で映画鑑賞に行ってきました。なんか寂しいやっちゃなぁ~って思われてしまうかもしれませんが、本気でのめりこんで見たい映画のときには一人の方がいい場合もあったりなんかして(^_^;)というか、最近映画というと母上様と一緒というパターンがほとんどだったので、いつ彼女の具合が悪くなって途中退出しなきゃいけなくなるか?!を気にしつつの鑑賞だったのですよ(苦笑)いや、それが嫌だというわけではないんですよ~(だって母上様の介護をすることこそ自分が生まれて来た意味だと思ってるし♪)

それはさておき。みてきた映画は『アイ・ロボット』です。学生時代からアシモフファンだったので(でも著書はそれほどたくさんは読んでいなかったりします…なんせ昔から金がないので本もなかなか買えないわけでして(^_^;)でもめっさファンですよ~!)これはみとかなきゃな~って思ってたんですよね。ただ、実際にはアシモフ作品からヒントを得て作成された~みたいな映画だということだったので、それほど期待はしていなかったというのもあるのですが…

感想。フランケンシュタインコンプレックスモノかや…?(^_^;)
結論にこれといって意外性を求めちゃいけないのかなぁ~って感じでしたね。それからあっけなく三原則を飛び越えていってしまう設定はいかがなものなのかな?と…(あ~この辺ネタばれだぁ…)ただ、アシモフもなんも全部忘れてみる分には近未来アクションモノとして面白く鑑賞させていただきましたわ♪結論的にはアシモフからヒント得ただけなのよ~!って原作と切り離してみた方がいいとはいえ、やはりロボットにはほろりと泣かせられました(でも多分、人と泣きのポイントが違うような気がする…)

ここからまたもやネタばれなのですが、ウィル・スミス演じるスプーナ刑事がR-サニーに向かって『Someone』という単語を使うんですよ。それを聞いたサニーは『ありがとう。OneではなくSomeoneといってくれて…』という場面があるんですが(Somebodyだったかな…?)これにはほろりときました…ロボット嫌いの(これもちゃんとした理由があるんですケドね)刑事がいつのまにかR-サニーを『モノ』としてではなく『人』と同等に扱っているんですよね。しかも半ば無意識の発言で。

サニーは『個』であることにこだわりを持っているんですよ。多分それは最後の瞬間までそうなんだろうなぁって。開発者を父と呼び、自分の存在意義に思いをはせる。カルビン女史が彼に最後の時を与えようとしているその瞬間まで『人』のように振舞うんです。ロボット好きにゃ~たまらんですよ…(T-T)

見終わってから…一人でぼんやり0時過ぎの街を歩きつつ(※金がないのでレイトショー(^_^;))なんでこんなに自分はロボットが好きかなぁ?ってちとばかり考えてしまいました。あまり結論らしい結論は出なかったんですが、どこかで彼らに『不変』をみているのかもしれません…人間がメンテしてやらなきゃ彼らだって停止してしまうだろうし、旧式になれば破棄されることだってあるだろうし。でも、自分が彼らに対して誠実な態度で臨めばきっとそれを返してくれるんじゃないか?って(メンテを丁寧にしてやれば長持ちしてくれるだろうし)どこかで夢みてるんですよね。きっと。

ものすごく人間不信な感じもしなくもないんですケド(笑)自分はやっぱりロボットが好きです。多分触れれば硬質の感触とカリキュレーションによる熱とが感じられるだけの無機質な存在なんでしょうが、もし自分の前に『彼ら』が現われる未来が来るなら、このせちがらい世の中をもう少し頑張って生きてみるのも悪くないな~って思うんですよ。

未来の『Someone』に逢うために!

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2004-09-20 01:58 | 折り詰め作成中(日常雑記)

お馬鹿の家計簿(でもちょっとだけ至福~♪)

最近どうにも手書きで家計簿つけるのに飽きてきて(基本的には3日坊主タイプなので)こりゃいかん!レシートが山のようになってきたぞ?!ということもあり、会社のマシンに家計簿ソフト(もちろんフリー…)なるものを入れてみました。

これが意外や意外!結構面白いんですわ(*^o^*)まだはじめて数日ということもあり飽きが来てないだけなのかもしれませんが、手書きで電卓たたいているよりは全然楽~♪ただ、結構画面が凝っているので自宅のマシンに入れた日にゃ~絶対まともに動かんのだろうなぁ~(自宅のマシンはCeleron500のメモリが192!増設限界まで入れてもここまで(^^;)そして極めつけがWin98!!ウィルス駆除ソフトがまっとうに動きません…ついでにウィルスもまともに繁殖できないかもしれない(^◇^;)あ。現在はそんなもん全然棲んでませんよ!なんせネットにほとんど繋がらないから(爆))

とりあえずちょっと使ってみているわけですが…ここで自分のお馬鹿さんぶり大ブレイク状態!『貯蓄引出』と『貯蓄』の意味がわかってなくて(こんな人間いなさそうだ…(^^;))普通に引出した金額を『貯蓄』の欄にがんがん追加していったら、

あっという間にお金持ち~(^^_)♪

数ヶ月分つけ終わった頃には、うわ!すごい!自分こんなに金持ってたんかい!?(^◇^)っていうぐらいの金額になってました(笑)いやぁ~あの金額みてたら幸せになってしまいましたよ(馬鹿炸裂…)そのかわり、後から間違いに気付いて修正量の多さと出費の多さに涙枯れ果てるまで泣けそうな思いをしましたが(所謂反動です…)

ほんのわずかな至福の時でした…(呆)

どっとはらい。。。
[PR]
by r_elemental | 2004-09-17 16:53 | 折り詰め作成資金調整中

ミラーイメージ(立読…せこっ(*_*))

以前マルチヴァックサマから教えていただきましたアシモフ短編集を昨日会社の最寄駅近くの本屋で発見しました!

でかい!ぶ厚い!重い…そして何より高い!!

でも31編も掲載されているそれはそれは貴重な1冊です。欲しい…正直昼飯抜いて金ためてでも欲しいと思いましたわ。(※ちなみに昼飯はお弁当派なので1食せいぜい高くても200円程度。よって15食分ぐらいは我慢しないと貯まりません…)
残り冊数5冊。本がなくなる前に自分の極貧財布からなんとか本代を捻出して買う所存。ええ、もうなんとしてでも購入しますとも!

でも…ちょっとだけフライング(^^;)というわけで長年探し求めて来たミラーイメージ翻訳版!これだけは、本屋で立読みしてしまいましたわ~

いやはや、相変わらず中高生の英語翻訳マニュアルに則ったような文章の硬さはあるものの(=ちと日本語としてはわかりにくいっす(^◇^;))やはりアシモフ作品です!あの短い文章の中に広大な世界観がつまっている!なのに、話は結構日常に即したところでまとまっているんですよね(^^;)それがまたいいんですケド。突然現れた非日常を象徴するようなR-ダニールとベイリの友情と信頼は相変わらずで、そしてベイリの『経験に基づく推理』も変わらないもので。言われてみれば当たり前のような経験則に基づく話なのに、ダニールが相談を持ちかけてきたところを読んでいる時点では『はて、難解な。どうやって解決するんだろう?』って、アシモフの仕掛けたわなにすっぽりはまっているんですよね。これが解決したときには妙な爽快感がある(*^^*)!

ただ、この短編は他のものに比べるとどうしても『長編あっての短編』のようなところがあって、R-ダニールが何故こんなにもベイリを信頼しているのか?であるとか、ベイリが何故頑なに『自分はロボット心理学者ではない』と問題解決に関わることを拒むような素振りをみせながらも、解決の糸口をみつけるために動き出したのかなど…やはり長編での彼らの活躍があってこその話なんだなぁ~って思うんですよ。

最近はアイ・ロボット上映記念でアシモフ作品がばんばん再販されているのでうれしい限りなんですが、ロボットと帝国(で、タイトルあってたかな?)の下巻が平積みされているのをみると、未だに思い出してはちと涙してしまいます…(ジスカルドファンにはたまらん本なのデス…)それから短編集の最後に掲載されているアンドリューの話(おもいっきりタイトル変えられちゃってるのがちと不満(-""-;))は短編の中でも最高傑作なのではないかと思われますので、是非皆様も書店でおみかけの際には、最後の作品だけでも読まれてみてはいかがでしょうか(^^;)?(って宣伝しているようで、本屋にとっちゃとんでもない宣伝だな…こりゃ(´ヘ`;))

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2004-09-16 10:56 | ごあいさつ、もろもろ。