理不尽を感じた日

相変わらず瀕死状態のブログです(苦笑)管理人自体がある意味、瀕死状態になっていることがあるのでどうにもならんのですケドね(^◇^;)

さて。本日母上から不可解なメールが届きました。
「○●○●」って何?お店の名前らしいんだけど、今日中に知りたいんだけど…
とのこと。

はて?「○●○●」とは言葉かいね?(※実在するお店の名前が入るのであえて伏字にしておきますが、所謂何かの単語だと思ってください)

とりあえず、急ぎネットで調べてみることにしました。結構有名なお店のようで、即店のホームページがみつかりました。しかし…母上には…というか自分にだって全く全然ちっとも縁のなさそうなお店でした。店構えが高級すぎて、一生に一度だって足を踏み入れる可能性はなさそうなお店でした。

なんでまた、こんな店のことを知りたいんだろう?しかもこの店の名前…江戸弁からとっているらしい。一応意味も載っているし、どういった店なのかも含めて母上にメールしました。言葉の意味を知れば知るほど、全くもって縁のない店だと思わざるを得ませんでした。

で。その不信感イッパイな様子が、メールの文面から母上に伝わったようで、こんな返事が返ってきました。

「知り合いの職人が、その店の内装仕事任されて、店に行ったとき、店名がかわってるんで何気なく店の人間に意味を聞いたら、『予約して来店すれば教えてあげてもいいですよ。出来ないならご自分で調べてみたらどうです?』的な事言われて、おもいっきり小馬鹿にされたらしい。その場にいた職人仲間みんなで腹立てたところで、絶対に客として入れるような店じゃないし、あんまりにも悔しいから、言葉だけでも調べて店の人間に意味言ってやりたい!って事になったらしい…」

との内容。少なくとも客商売する人間が、人を馬鹿にするような、そういう発言をするとは…

「お客様は神様です」なんて常に思っていろ!とは言いませんし、ましてやその場にいた職人さんたちは、明らかにその店のお客になれるような立場の人間ではなかったかもしれないですケド…なんだかすごく悔しかったですよ。別に自分がどうこう言われたわけじゃないんですケドね。

金持ってない人間(もしくは持ってなさそうな人間)ってのは、常に見下されながら生きてなきゃいかんのでしょうかね?

そりゃ確かに、その店員からすれば金は無さ気だし、語彙が少なくて頭貧困そうな感じにみえたのかもしれませんが…(これはこれで大層失礼な発言デス…(苦))そんな馬鹿にすることは無いと思うんですよ。意味教えたくないなら適当に受け流せばいいことだし、店名にこめた意味を知っていてほしいと思えば、一言二言ぐらいで簡素に答えてくれるぐらい、害ありませんよね…?

「その店員あったま来るなぁ~『言葉は生き物で、進化するものも淘汰されて消えゆくものもある。そんな死にかけの言葉ひとつ知らないぐらいなんだ!』って言ってやれ!って職人さんたちに伝えて!」

…思わず頭に血がのぼってこんなメールを母上に返してから、ちょっと反省…(-"-)
「言葉」にゃ罪ないのに、それこそ冒瀆ですな(-。-)y-゜゜゜

それにしても。こんなところでさり気無く格差社会を感じてしまうのは、意識し過ぎなんでしょうかねぇ(~_~;)

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2007-12-08 01:33 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< ざ・姓名判断! 巻き添えをくう。 >>