巻き添えをくう。

全然うれしくもめでたくもありませんが…今月は生まれちゃった日がある月です。
というか、母上が切腹の憂き目にあってしまった月です。
赤子のくせに中途半端に巨大な人間が腹に巣くっていたせいで母上は本気で災難だった月です(^_^;)
周囲の期待と予想を大いに裏切り「性別:女」で生まれちゃった月です。
そのせいか提出ぎりぎりまで出生届は「性別:男」になってました(爆)
ついでに名前も漢字だけみると、男名なので就活中は「男性用お知らせ」が多々届きました。

まぁ、そんな人間が生まれちゃった月なんです(^_^;)

そんなわけで、人をがっかりさせたり苦しめたりといった生い立ちがいけなかったのか、よく人のトラブルに巻き込まれたりもします。「それが運命さ!」なんてきっぱりはっきり諦めたくはありませんが、本当によく巻き込まれます。

で、現在。今日某デパート屋上から投身自殺(?)した女性の巻き添えをくってしまった、ただの通行人だった筈の男性のニュースをみて、人事とは思えない…と思えるぐらいの巻き添えをくらっています。(自分的にはある意味社会人としてトドメ刺されたような巻き込まれ方だと思われ…)

もし自分がある面において少々潔癖気味で神経が非常にか細い人であれば、多分通行人を巻き添えにして投身している方の立場になっていたんじゃないかと思います。あっさり言ってますが、今も結構どうしていいか身の処し方がよくわからなくなっています(^_^;)って…顔文字と心情がずれ過ぎ…

今以上に一昔前の自分が無知で、当時血縁関係にある人間であろうとも端から信用してはいけないということを知らなさすぎたのがいけないんですが、多分はめた第三者も悪いはずです。(というか、多分きっと法に反しているのはその第三者だと思われます…)それでも既に過ぎてしまったことで、メインの関係者たちは霧散状態でほとんどが雲隠れに近い状況にあるようです。時間というのはザンコクですな(-。-)y-゜゜゜

誰に相談しても結局のところ「無知な自分が悪い。自分で償うべきだ」と結論づけられて終わることでせう( 一一)自分単体では別段悪いことをしたわけでも法を犯したわけでもなんでもないんですケドね。まさに「巻き添えをくった」わけです。

しかし「無知」というのは恐ろしいです。自分が「無知」でいることが一番怖いんですが、「無知」な人物に関わるというのも結構怖いです。綱渡りです。何せ周囲の人間を巻き添えにしていることを知らずに、それが「悪い事」だということも知らずに日々生活しているわけですから、ある意味公害垂れ流しの工場と同じぐらいの被害を周囲にまき散らしている可能性があるわけです。何やら偉そうにうんちくたれてるっぽく思われてしまいそうですが、その公害垂れ流し無知の筆頭はきっと自分です(苦笑)「こいつぁ~危険ですぜぇ~!誰も近付いちゃあきまへんでぇ~」って広告して歩いてみましょうかネ。そうすれば少なくとも自分のような「巻き添え」被害者の拡大は防げそうな気がします(笑)

ともあれ「無知」な人間には「無知」を見分ける術がないので、当事者たちに悪意がさらさら無いのにも関わらず、気がついた時には泥沼にはまり込んでいる場合が多々あり、危険度さらにアップなわけです。

結局今回の自分はこの「無知の泥沼スパイラル」のど真中に一人取り残されてしまった格好なんですが…さて。この状態で一体何十年(いや、生きている間ずっとかなぁ…)罪を背負っていかにゃならんのでしょうか…先が暗闇過ぎていっそ笑えます。っていうか、他にどんな態度とってりゃいいんでしょうか?(^_^;)結構混乱しているのかもしれません。

ま、こんなぐちゃぐちゃ文句たれてるうちはまだ投身せずに済みそうな気がしますが、人間唐突に何やらかすかわかりませんからねぇ~せめて電車にだけは飛び込むまいとひそかに誓うまんたろうなのでした…いや電車遅延は本気迷惑だしね(苦笑)

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2007-11-06 23:57 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< 理不尽を感じた日 人の体ってうまいこと出来ている... >>