人の体ってうまいこと出来ているのかもしれない?

ホント忘れた頃に更新しているなぁ~という、ブログの趣旨からものすごい勢いで外れているような更新タイミングですが(苦笑)とうとう11月なんですね…早いものです。(-。-)y-゜゜゜

(※旧パソにぶち込みしていた顔文字辞書が登録出来なくて現在顔文字が思うように出せません(>_<)普段使ってる顔文字すらまともに出てこないし。デフォルトで顔文字登録してくれるのはいいですが…変換がやっかい過ぎて使えません…ってか旧フォーマットのオリジナル辞書が登録出来る方がなんぼかありがたいデス(/_;)あ。そうそう、最近自宅パソを購入しました!VistaでCoreDuoなんですが…そんなカッツカツに小数計算したりなんかはもちろんしません(笑)でもVistaはかなりの大食漢なのでたまにカリカリいってますが(苦笑))

もとい。この時期になると途端に忙しさが増してきます…毎年のことなんですが、午前様帰宅が増えてくるんですね~(苦笑)で、そんな最中に多分に漏れずおもいっきり風邪をこじらせてしまいました。(@_@;)最近流行ってますからね。一応流行に乗ってみました(爆)

とはいえ仕事のこともありますし、母上にうつすわけにもいかんしで、早めに病院に行くことにしました(熱が38度前後あったんでホントに早めなんだかどうだか怪しい限りなんですが…)そこで風邪薬を処方してもらって帰って爆睡すれば翌日にはすぐ良くなるだろう…という安易な考えだったんですが、予想は大きく外れておもいっきり医者に捕まりました…(大汗)

百聞は一見にしかず…とはちと違いますが(笑)顔色ひとつで貧血が悪化しているのがバレました。最近足元ふっわふわ~な感触はあるものの、別に倒れたりしゃがみこんだりするほどの発作もないしで本人的には安定してるな~ぐらいだったんですよ。それが…成分だけでみるとなんと成人女性に必要な血液量-1.6Lぐらいなんだそうで。(人間って血液何L失ったら死に至るんだったかなぁ…(~_~;))夏を乗り切れたのが不思議な状態だと感心されましたが、そんなもの慣れと勢いですよ!(-"-)
…と医者に言ったら「じゃ、注射も慣れと勢いでこなしてくださいね。ノルマ20本だから」ってお~い!?医者の逆襲ですか?過去、まぢめに治療せずに通院を中断しちゃったのを根にもってます!?

とりあえず採血検査の結果が出たところからノルマの消化開始となりました。現在5本消化済み。あと15本…先は長いデスが、これさぼると流石に通院じゃなく入院させられそうなので(っていうか既に脅されました…)なんとなく通院継続してます。

で、その採血検査の結果をみてふと気づいたことがありました。鉄欠乏性貧血の典型的な状態で、赤血球数自体は然程少なくはないんですが、質が非常に悪くて必要成分が尽く底をついています。(赤血球数はあるけど1粒が小粒でダメダメな状態…)これはもう当たり前というかなんというか。その中でただ一つ過剰な数値をたたき出している成分がありました。血小板です。

血小板とはなんぞや?といいますれば、ようは止血の働きをする成分。なので、これが過剰ということは出血が止まるのは早いが、血液が凝固しやすい→エコノミー症候群にみられるような血栓も出来やすい。というところにつながるわけです。

ただし。これは普通の血液をお持ちの皆様に言える話で、貧血持ちの人間は血栓が出来て詰まるほどの成分もろくろくないんですね(苦笑)よって多少血小板が過多な状態であっても大丈夫らしいんです。というか寧ろ、速やかに止血がなされない場合はあっという間に昇天してしまうので(笑)

普通の人が事故で要手術になっても余程の出血がない限り、輸血の必要はないはずなんですが、自分のような人間では「手術」というだけで確実に輸血が必要になってしまうんですね。それぐらい出血そのものが即刻昇天に繋がりかねない…というわけです。

で、この血小板。貧血症状に引きずられるようにして過多になるらしいんですよ。体が止血を最優先して勝手に止血剤を過剰生産しているんですね~体って凄いデス。ということは、貧血が改善されれば同時に減少していくはず。…というのを次の検査結果で確認してみようかと思ってます!百聞は一見にしかずですしね。

…って思っていたら。4本目のノルマのときに…おもいっきり腕がスプラッタになりました(爆)血が止まらないのに気付かずに腕ふっちゃった挙句、下におろしていたら手首のあたりまでだら~んと血が…(@_@;)特殊効果みたいな流れ方してました(苦笑)

血小板、通常値に戻るにはまだちょっと早すぎのようです…

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2007-11-03 02:16 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< 巻き添えをくう。 有権者の責任云々言われますが… >>