平平凡凡が如何に凄いことであるかを知ること。

平凡な毎日で退屈…
何か面白いことはないか?
何か変わったことはないか?
何かエキサイティングな日々が送れる方法は?

自分がどこぞの物語の主人公のようになって、RPGのように進んでいく世界を望んでいるのか。
はたまた具体案などなく、ただ日常からの脱却を望んでいるのか?
小説のような生き方を望んでいるのか?

そういういっぱいの『望み』は多分あちこちに浮遊していて、平凡を『良いこと』だと感じていない人は結構多くいるのだと思います。
そして、少し波立つ人生のイベントが起こったとしたら、その時は自分の不運を嘆くのでしょうが、結果的にハッピーエンドにつながりさえすれば、それはちょっとしたスパイスだったと考えられるのではないかと勘違いしている人は、多分きっといっぱいいるのだと思います。

そんな波立つ人生なんてホントはいらないです。
はじめから平凡でいいんです。それこそが一番凄いことなんです。何のトラブルにも不幸にもみまわれず生きることが出来るというのがどれほど凄いことなのか、静かに流れる平凡な時間を維持することがどれだけ凄いことなのか。

平凡を嘆く人に伝えたくても、きっと自分には説得力なんて皆無ですね。

今日、数年振りのコンサートに行きました。
奇跡的にチケットをあてた人は仕事先の男性でした。
ペアチケットだし一緒に行く人がいないから、どうかと言ってもらったものでした。

正確にいえば、一緒にチケットを使って行く必要がある人は、今はもういないから…自分が代わりにチケットを使いました。

彼の最愛の人は今頃彼の指輪の中で眠っているのでしょうか?
大好きなアーティストのコンサート、彼女は少しでも楽しめたのでしょうか?
彼はきっと彼女のことを忘れたりしません。最後の曲に涙しそうになりながら、きっと彼女とコンサートを堪能していたのだと思います。

事情を知らなかったとはいえ、手放しで大騒ぎしながら同行した自分に『彼女が好きだったアーティストだったし、本当にそのアーティストを好きでいてくれる人にチケットを使ってもらえてよかったよ』って言ってくれました。

彼女は楽しんでくれましたか?
貴女がチケットを持って一緒にはしゃぐことが出来た頃に、自分も同じ一ファンとしてお話してみたかったです。きっと一緒にはしゃぎまくって大騒ぎ出来たんじゃないかな?

彼は彼女と彼女の想い出を連れて会場にやってきていたんですね。
チケットありがとうです。本当にありがとう!

平凡な日々を過ごすことが出来るのは、とても凄いことです。
自分は少し波立った淵を歩いていることが多いような気がします。
そんな淵で出会った人たちに、ほんの少しでもいい、安らかなる時を…

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2006-10-16 00:28 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< 忘れた頃の更新 それでも夜は明ける >>