嗚呼。自虐ネタ

今朝バス待ちしていたら通りの向こうでクーポンを配っていた姉ちゃんがこっちに突進してきました。自分はバスがこないかなぁ~とたまたまそちらの方面をみていて、それこそたまたまその姉ちゃんが視界に入っただけだったんですケド、何を考えてか一直線に突進してくるので『あ~バス待ちしている人間ならクーポンブックもらってくれる人多いって思ってるのかなぁ…でも自分は別にいらないケドね』なんて思っていました。
その間にも姉ちゃんは着実にこちらに向かってきていて、とうとう自分の目の前までやってきてぴたりと止まりました。その後、上から下まで一通り人のことをみてから一言、

『エステとか興味あるでしょ?女性専用のクーポン情報誌です♪』

にこやかな笑顔とともに有無を言わせぬ勢いで人の手にその冊子を押し付けると、また勢いよく去っていきました。ある意味台風のような子でした(-""-;)

しかし…人の姿を上から下までみたらわかるでしょ~?

エステに興味を持つような女性が、
コートのボタンとれかけてたり、まだらになった白髪頭に飾りもなくぼさぼさになった髪を無造作に1本に束ねていたり、目の下には巨大なクマかっていてしかも化粧なんて、はなからのらないようなザラザラ肌に無理やりファンデをのせているせいでダルメシアンよろしく斑模様になっている顔、口紅なんてつけられないぐらい荒れきったたらこ唇、鼻の頭は黒ゴマ状態うっすら髭まで生えている始末、手先はささくれ立ってしかも掌まで乾燥しきって粉をふいているような状態…な~んてしてますかねぇ?絶対にありえんよなぁ…

彼女もきっと、クーポン渡しながら『あ、ヤバイのひっかけちゃった』と思って後悔したことでせう(--)(__)

あ~それでもなんでもいいからエステ云々なんかより睡眠時間が欲しいデス…無理やり薬使って短時間を集中睡眠しようとしても薬の効果がありすぎて結局いらんときに眠気がさして、駅の階段からは落ちかけるし、段々手足がいうこと利かなくなってくるしで外見云々より、やはり人間としての必要最低限の生活時間が欲しいなぁ~と切実に思うまんたろうなのでした(´ヘ`;)

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2005-11-25 12:05 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< わずかな1文に薫る日本 医者に捕まってしまった( ̄□ ̄;) >>