地味な悲鳴

ここ1年ばかりずっとなんですが、身体中が痒く如何ともし難くなるという現象が起きていて、寝ていても痒くて無意識に引っかいてしまうらしく、季節を問わずどこかしらに引っかき傷をこさえているといった状態になっていました。
元が乾燥肌なので『こりゃ老化現象が進んで更に肌が干からびたからだな』ぐらいに思っていたのですが、それにしても我慢しがたい痒さです…段々冗談を言っている場合ではなくなってきたので、家から徒歩1分程度のところにある(100mも離れてないかなぁ…)皮膚科に行くことにしました。

実は皮膚科というものにかかるのははじめてだったりします。(以前、腕に出来た傷から表皮が広範囲に渡って腐り、救急病院に連れて行かれたことはあるんですが、皮膚科じゃなくて何故か内科に回されました…未だに謎ですが、接触性皮膚炎といういかにもな名でありながら症状全然違う気がする…という病名を戴きました。兎に角触れるものみな全部害になるというまさに薬のつけようもない病でしたが、ヤケクソで対処した生理食塩水が功を奏して完治した時は医者でも首をかしげていたようです…)

もとい。近所の個人病院なのでほとんどお客さん(患者さん)はいないだろうと思っていたのですが、これが意外と混んでいて結局受付終了間際に飛び込んだのにも関わらずその後30分以上待ってやっと診察してもらうことになりました。

その間に壁に貼られていた『医療レーザー脱毛両脇1回につき6800円!』の表示に『…エステみたいなことしよるんだなぁ…しかし、この値段は高いのだろうか?安いんだろうか…?』と悩んだりしていました。(ご存知の方いますか?いや、別に自分でやろうという気はないんですケドね…)

女医さんでした。少しほっとしてみたり…(何故かわからないんですが昔から男の先生って苦手なんですよね。特に髭が生えていたりすると心臓バクバクして息苦しくなることが…(汗))で、1年ほど前からずっと全身が痒いんです~ということを話したとたんに言われたことが…

『貴方、職業OLってなってるけどどんなことやってる人?』

でした。職業柄触れるものなどでアレルギー起こしたりする可能性があるのかな?などと思いつつ少しだけ職種を話すと今度は『就業時間はどれぐらい?』の質問。最近は比較的早くて、毎日大体9時~10時前後の帰宅です…というと、

『はぁ?そんなに働いてるの!?』と素っ頓狂な驚かれ方をしました。

え…?そ、そんなに働いてる方ですかね?最近は日が変わるような時間帯に帰ることもなくなっているし、泊り込みもないし2日間風呂に入れないこともないし、徹夜もなくなっているので時間的にはすごく楽してサボってるな~ぐらいに思ってたんですが…

結局医者はその後スカートからのぞく足の辺りを少しみただけで、皮膚の状態をみることもなく『とりあえず一番弱めの内服薬出しておくから』と。
皮膚科の診察って皮膚の状態みるもんじゃないんでしょうかね?という疑惑が顔に出ていたようで、その女医さんが言ったことは、

『病名は皮膚掻痒症。痒いときだけ蕁麻疹みたいな状態になるけど普段はみた目なんともないでしょ?兎に角休日は仕事のことを忘れてゆっくり寝なさい。それから好きなことして遊びなさい。散歩でもいい、出かけるのでもいい、家でTVみてたっていいから兎に角身体を休ませてあげなさい。身体が悲鳴あげてるのよ。大体にしてね、その症状だって仕事しているときが一番ひどいはずだよ?』

いや…1日の大半が職場にいるからもちろん意識のある内は職場にいる間が一番痒いんですけど、寝ている間も痒いんですよね(大汗)

流石に全部反論するのも悪いような気がして『寝ている間も無意識にひっかいちゃうみたいなんですケド…』なんて言ってみると、

『ちゃんと眠れてる?眠れてないんでしょ?1週間この薬で様子みて薬のレベルを変えましょう。兎に角死ぬような病気ではないから安心しなさい。』

というわけでなんとなく釈然としない状態で帰されました…どうやら心因性という判断を下されてしまったようです…当人的にはあまり笑えない症状ですが、地味~な心因性疾患だなぁと思うとなんとなく情けなくなりました(-""-;)

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2005-10-17 11:27 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< 宣伝…かな?宣伝…ですね(苦笑) ボーダーライン >>