本当に不要かい…?

今時のお嬢さんお兄さん方から言わせれば『そんなもんでいちいち説教くさいこといわなくてもいいじゃん!』と、言われてしまいそうですが…それでも、なんとなく自分の中で納得いかなかったんで、つい口に出してしまった一言、

それ違うでしょ?

についてのお話です。マジなんだかなんだかわけわかりませんが、一応書いておきませう…

お昼休みに普通にご飯を食べてまったりしていたときのこと。何気なく『国内旅行行きたいね』という話題になって『あまり普段行かないようなところがいいよ』『四国とかいいねぇ~』『広島とかもいいかも?』という流れで『ヒロシマ』という地名が出ました。

8月に『ヒロシマ』
連想せずにはいられない『ピカドン…』

広島、長崎へは修学旅行で行く学校もあるようで(かくいう自分も高校のときに長崎に行ったことが…)そんな話が出ました。そのとき、営業の子が一言、

『でも、もうそろそろいいんじゃないかと思いません?』

って言うんですよ。周りはみんな『?』してました。

毎年のように戦争のこと伝えていかなきゃいけないみたいなこと言ってるじゃないですか?今の日本じゃ戦争しようなんて人いなんだから、そろそろそういうのやめてもいいと思いません?

ゴメン…おばちゃんは言わずにはいられなかったデスよ…

それ違うでしょ?

戦争しようって人間が現代の日本に一人たりともいなかったとしても、それでも世界は戦を続けているんですよ。今この瞬間でさえ爆弾が投下されているところがあるかもしれない。人が泣き叫び銃弾が飛び交い、流血の中で息絶え絶えな人間が地べたを這っているかもしれない…

日本の本土が傷つきさえしなければ、『悲劇の伝承』は本当に必要ありませんか…?

彼女には悪気なんてこれっぽっちもなかったでしょうし、平和な世の中になったんだからもういらないよね?というごく普通の感覚から出た一言だったんだと思うんですよね。確かに被爆地の広島、長崎の人でさえ原爆が投下された日を言えない人が増えてきていることも事実ですし、国内にいれば、そんなものが投下される世の中じゃなくなってるんだって錯覚するのも無理はないと思うんですよ。

でもね…

60年の間に…世界のどこかで戦争は起こっていたし、テロなんて今も起きている。
60年たっても…被爆した人はそれによる病で年々亡くなっている。

本当に『そろそろいい』ことですかね?
本当に『忘れていい』ことですかね?

人間ってきっと基本的にはどこか『お馬鹿』ですよ?忘れてしまったら、また同じ過ちを繰り返す生き物ですよ?

平和や幸せな国土を、過信…しすぎちゃいませんかね?

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2005-08-09 14:23 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< 『命』の器 母上の無謀と花火大会 >>