難しい(-""-;)

先日黒足サマのブログサイトで紹介されていた電子書籍書房に投稿するべく一念発起でプロットを考えはじめたまんたろうです。

ちなみにこの電子書籍書房では『未来の作家云々~』というフレーズのもと、執筆者を募集していたりするんですよ。執筆者といっても、執筆だけではなく電子出版用の本作成までを全部自分で行う仕組なんですが、なんせ無料で出来るというところがうまみでして(*^.^*)もちろんそれなりの作品を書ける方は印税などキャッシュのお話もありなのですが(それも業界では考えられないほどの収入率らしいです…)当面まんたろうには関係のないお話なので省略!(笑)

兎に角今年度こそは1作でもいいから何か『小説』を書くぞ!という目標をたてた身としましては、こういうアカの他人に審査してもらう機会というのはまたとないチャンスなわけです。もちろんいろいろな賞募集などに投稿すれば下読みの方々には読んでもらえるとは思いますが、そのためには中~長編のそれなりの作品が必要になり、そしてプリントアウトするためのプリンターが必要になり…とまあ、物要り+時間要りなわけです。中途半端に仕事に追われ、中途半端に家事に追われ、中途半端に介護に追われるまんたろうとしましては、この両方とも見込むことは出来ないわけです。

それに対して電子書籍の場合は数ページの短編からでも受け付けてもらえます。通勤の合間に携帯に打ち込めるような超短編でも作品として認められるというわけです。そして応募期限はありませんからいつでも仕上がれば書籍の形をそれなりに整えて投稿することが可能なんです。電子というぐらいですからプリントアウトの必要もなし!(*^.^*)

こういうサイトの存在を紹介してくれた黒足サマにはまさに感謝感謝です!で、いざ…プロットなんですが…いやぁ~難しい(^◇^;)

一体どんな分野の話が書きたいのか、どのぐらいの長さのものを目指しているのか、全然まったくちっともわからないんですよ。自分で書きたがっていたくせに!(苦笑)何よりネタになるような素材や知識が頭の中に存在していない!!どの分野を書くにせよ、ようは勉強不足なわけです。中途半端な知識でもあれば、上手い人ならそれらしい『嘘(フィクション)』を交えて面白おかしい痛快娯楽に仕上げることが出来るんだと思うんですが、フィクションのワザもない…(-""-;)

難しいですね…(-""-;)ってこの段階でへこたれてたらその先がないぞ!!…と適当に自分を励ましてみたりしましたが、微妙に落ち込みモードなのでした。

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2005-04-19 19:29 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< 若くないんですが…(-&quo... 昼御飯に寿司! >>