卒業タイムリミット

梅は咲いたが桜はまだかいなぁ~♪というわけで、会社の最寄駅から某大学の入試に向かう学生がピークで押し寄せてくるシーズン…頼むから頑なに背負ったリュックを下ろさずに電車に乗るのやめてくれ~だとか、ほんの数駅分しかないのに車内で参考書みるのやめてくれ~だとか…まぁいろいろ言いたいことはあるんですが、必死な学生さんをみていてふと思ったこと…現役受験生はそろそろ卒業シーズンを迎えるんだなぁ…_(`。`;)φ

受験生にとってこれは結構あせるもののようで、卒業前に次の行き先を決めておきたいのに結果が出る前に卒業しちゃったよ、どーしよう!?ということが大学受験時には特に起こりやすいようです…ハイ。

もちろん、推薦やら付属ストレートであればこの時期既に下宿探しに勤しんでいるという方も結構いるはずなんですが、きっちりセンター試験を受けて、(センター受けていないにしても…)それぞれの志望校の試験を受けて…という手順を普通に踏んでいると、私立の高校の場合などはホントに卒業式の方が試験結果が出るよりも早く来てしまうということが多々見受けられるわけなんですよね。

で。自分が出た高校ではこういうパターンの子が結構いたんです(^^;)毎年卒業式は決まって3月3日のひな祭りの日。あと1週間ほどで卒業式なんですよ(^◇^;)!多分私立の中でもかなり早い方だと思われますが、他の付属校と卒業式の日程をあわせる気は毛頭ないらしく、ただ女子高だからという理由で学校創立以来ずっとひな祭り=卒業式だったそうなんです。(多分今も変わっていないと思われます…)

で、この高校一応付属なので理系文系全部含めて約半分強がそのまま上の大学にあがります(もちろん試験はありますが、外部試験とは違います(^^;))この結果が出るのが2月初旬。というわけで、半分強は卒業式までに進路が確定するわけです。そして残り半分のうちの更に半分は推薦入学で付属大学とは別の大学にあがります。これが1月下旬ぐらいに結果が出ているのでこちらもセーフ。そして年に4~5人が専門学校に進みますが、こちらも2月中に決まるのでセーフ。よって残り、全体の4分の1弱が卒業後ど~しよう!?状態になってしまったりするわけなんです(※ちなみに就職は数年に1人出るか出ないかぐらいデス)

最終的に浪人生になる子は年間10人前後ぐらいなので98%ぐらいの子は進路確定するんですが、兎に角この卒業式~一般受験とその結果までの間、死にそうな顔をした子が校内を徘徊する時期になったりします(^^;)卒業後、春休み期間中に学校に遊びに行ってそういう子をみかけると流石に気の毒になってしまいます。別に浪人確定したわけじゃなくてただ単に試験日がまだなだけの子もいるわけなんですが、何故か死相が漂う後姿…

そこでふと思ったわけです。卒業式、あまり早くない方が受験生の精神的負担は軽いよなぁ…って(苦笑)いるべき場所というか、いられる場所があるという安心感って形式だけにせよあると思うんですよね。どうせ1月~3月なんてほとんど学校に行くことなくなっちゃうんでそれこそ形だけなんですケド、それにしてもこういうピリピリした時期に足元がすぽんっと穴開いちゃうような、居場所がすっぽりなくなっちゃうような感覚って受験生には酷な気がしちゃうんですよね。

今日みた受験生たちはまだ卒業式迎えてないのかな?あとどれぐらいのタイムリミットなのかな?って通勤の合間にふと思ったまんたろうなのでした。

どっぺん。。。

シーズンですねぇ~
[PR]
by r_elemental | 2005-02-23 13:58 | イレギュラーな具材たち
<< 下落! 病棟満室 >>