炊く!

あれは忘れもしない、いつかのある日…(いや、べたですなぁ…(--)(__))

まんたろうが帰宅すると、母上様がなにやらお釜をひっくり返して、ぱんぱん叩いてらっしゃる。ご飯の水加減を間違えて炊いて、なべ底こげこげにしちゃったのか?でも、今時のお釜ってそこまでの惨状にはならないんじゃ…などなど。一瞬のうちに、まあいろいろと頭の中を駆け巡ったわけです。

で、定番の一言を発してみました。

『一体何してるんです?』
『炊いたから出してるの』
『…?』
『(ちょっと怒り気味に)少し炊きがあまくて出てこないのよ!』
『…はいぃ?(-""-;)』

気合の入った母上の返事とともに振り下ろされた手が、お釜の底をぽ~ん!と堤よろしく叩くと、とさりと何かが落ちる気配がする。

『あ。出た』
『…( ゜_゜;)』

そ~っと持ち上げられたお釜の影から出現したそれは…

ホットケーキでした

あの…母上様?普通ホットケーキってフライパンで焼くものでは(^^;)?

と、はじめは仰天したものの、これがなんとはなしに美味いんです!スポンジケーキに少し弾力性をプラスしたような食感と、蒸しパンのような食べごたえ。それにしても、何故こんなすっとんきょうなことをやりはじめたのかはわかりませんが…以来ウチではホットケーキ=炊くものになったのでした。

まんたろう宅、食事情の変遷記より~

■レシピ?のようなもの■
ホットケーキを炊く場合は、ある程度の量が必要になります。250~300gの袋を一気に入れホットケーキの箱などに書かれている分量の水と、卵を一つ入れて一気に溶きます。このときあまりかき混ぜすぎてはいけません。(膨らまずにものすごくおも~い餅状の物体になってしまうので)それから、牛乳は入れてはいけません(これも入れると餅状になってしまいます)あとはお釜に移して炊飯ボタンをON!炊き上がるまで待ちます。炊けたら一度蓋をあけて、表面中央部分を確認。少々液状になってる…ぐらいであれば、そのまま蓋をして少し蒸らします。(このとき、おもいっきり液状だなぁ…という場合にはもう一度炊飯ボタンをON。短時間で炊き上がりますので、そこから少々蒸らします)
あとはお釜を取り出し、底を濡れ布巾で少々冷ましてから皿か、まな板の上にひっくり返してぽんぽん叩きながら中身を出します(このとき、少しホットケーキとお釜の脇に隙間を作っておくと取り出しやすいです)
できあがったら、ひたすら食べましょう!めっちゃ食べ応えありますので胸焼けなどせぬよう心してお食べ下さいm(_ _)m

どっぺん。。。
[PR]
by r_elemental | 2004-10-12 16:25 | 折り詰め作成中(日常雑記)
<< たそがれオヤジの憂鬱 ライオンズ…優勝…? >>